究極のみそまるを求め「みそまるファーム」

みそとだしと具材を丸めればできるみそまるですが、とにかく奥が深い。

究極の「みそまる」を目指して原料づくりから挑戦することに!

これまでも農業体験はしたことがありますが、毎回うまく収穫できるわけではなく、農薬不使用でつくることの難しさは身をもって実感。

だからこそ、今回も農薬不使用にこだわりたいと思います。

舞台は、山梨県北西部に位置し、長野県南部と接する北杜市。

澄んだ空気ときれいな水、八ヶ岳、南アルプス山脈といった山々に囲まれた絶景のスポット。

日照時間日本一の山梨は、おいしい野菜をつくるには最適の場所。

今年はここで、みその主原料となる大豆、そして、ねぎや大根、にんじんなどをつくります。

農業指導をいただく木内由理子さんは、自分の手でつくったものを食べて生活していきたいと3 年前にこの地へ移住、研修を経て、今年就農されたそう。

畑で一緒に作業して驚いたのは、野菜や草木を触る手つきのやさしさと繊細さ。

一つひとつに愛を感じました。

最初にやったのは、水路の確保。

そして耕うんの邪魔にならないよう石拾いをし、畑の整備にかかります。

体力には自信があるものの、力作業は結構大変。

が、なんともいえぬ心地よい疲労感。

ドキドキでしたが、トラクターにも初挑戦。

ブォォーンと、すごいパワーで固まった土を砕きながら攪拌し、空気を多く含んだふっくらとした状態に。

あっという間に畑がきれいになりました。

昔の人はこれを手作業でやっていたなんてスゴイ。

大豆の種蒔きは、6 月の予定です。

みそ用によく使われる「トヨマサリ」や「大袖の舞」ほか、黒大豆、青大豆など数種類チャレンジします。

シカやイノシシ、害虫対策など心配は尽きませんが、無事に収穫し、皆様にお披露目ができるといいなと思います。

 

ABOUTこの記事をかいた人

藤本智子

【MISODO(藤本智子)】株式会社ミソド代表取締役、一般社団法人みそまる普及委員会理事、月刊「ジャパン味噌プレス」編集長、みそソムリエ。アパレル販売員、読者モデル等を経て、2011年「ミソガール」として味噌の普及活動を開始。みそまる考案。ミラノ万博や伊勢志摩サミット等イベントやメディア出演を通し、味噌の魅力を伝えている(2019年MISODOに改名)。著書に『みそまる』(宝島社)、『みそまる 作りおきみそ汁83のレシピ&アイデア』(二見書房)、『手軽に作れて、キレイに効く! みそまる』(主婦と生活社)等。