神戸ポートピアホテル「親子みそまる教室」開催 ~楽しい、おいしい、食育体験~

集合

国賓をおもてなしするインターナショナルホテルとしても有名な「神戸ポートピアホテル」。客船をイメージしてデザインされ、本館とバルコニーが開放的な南館。六甲の山々と港に包まれた美しい街並み…。ホテルの客室からは、贅沢な景色を堪能することができ、宿泊客を魅了します。

ホテル

そんなホテルで「親子みそまる体験会」を開催したミソガール(協賛:六甲味噌製造所、苦楽園永楽)。味噌の基本を学んだあとは、いよいよみそまるづくりです。

みそまる1

この日は、関西風をイメージした「六甲味噌スペシャルブレンドみそまる」を提案。六甲味噌の長谷川憲司社長もゲスト参加、味噌について解説しました。だしは永楽の「北海道道南産天然真昆布」を粉末にしたものを使用。やさしいうまみととろみが味噌をおいしくし、昆布の栄養をまるごととれるので、子どもたちにもおすすめです。
「みそまる、むっちゃおいしい!」「コーンスープより味噌汁がいい!」と、子どもたちの評判も上々でした。おうちでもみそまるをつくってくださいね!

みそまる2 みそまる3

Miso Girl held a misomaru workshop for parents and kids at Kobe Portopia Hotel. The kids seemed to enjoy misomaru very much.

ABOUTこの記事をかいた人

藤本智子

【MISODO(藤本智子)】株式会社ミソド代表取締役、一般社団法人みそまる普及委員会理事、月刊「ジャパン味噌プレス」編集長、みそソムリエ。アパレル販売員、読者モデル等を経て、2011年「ミソガール」として味噌の普及活動を開始。みそまる考案。ミラノ万博や伊勢志摩サミット等イベントやメディア出演を通し、味噌の魅力を伝えている(2019年MISODOに改名)。著書に『みそまる』(宝島社)、『みそまる 作りおきみそ汁83のレシピ&アイデア』(二見書房)、『手軽に作れて、キレイに効く! みそまる』(主婦と生活社)等。 ※WEB版に掲載している記事は、取材当時の情報です。現在と内容が変わっている可能性がございます。