横濱元町霧笛楼さん「的鯛のソテー 味噌のリゾットと共に」

外観
メニュー

親族で食事会 IN 横濱元町霧笛楼

総料理長の今平茂シェフが、以前、イベントで提供されたという

噂の「味噌リゾット」を作ってくださいました。

ADB

今平シェフには、伊勢志摩サミットや、アジア開発銀行年次総会でのみそまる提供時、

レシピのアドバイスをいただくなど、いつも応援いただいています。

リゾット

こちらが、「的鯛のソテー 味噌のリゾットと共に」です。

ふっくらとした贅沢な的鯛のソテーの下に添えられたみそ入りのリゾット。

しっかりとしたごはんの食感と、ほのかに香る味噌風味が、お口の中でマリアージュ!

信州味噌を使用しているそうです。

料理

こちらは、「地養鳥もも肉のコンフィ マデラ酒ソース

じゃが芋と椎茸のオーブン焼き ブルギニョン風 IED横浜菜園サラダ添え」

集合写真

目にも美しい繊細なお料理の数々と、あたたかいスタッフの皆様のおもてなし。

人に感動を与えられるって、すごいなぁ。

贅沢なひとときを過ごし、一同、大満足の様子。

忘れられない思い出となりそうです。

 

横濱元町霧笛楼
神奈川県横浜市中区元町2-96
TEL045-681-2926

ABOUTこの記事をかいた人

藤本智子

【MISODO(藤本智子)】株式会社ミソド代表取締役、一般社団法人みそまる普及委員会理事、月刊「ジャパン味噌プレス」編集長、みそソムリエ。アパレル販売員、読者モデル等を経て、2011年「ミソガール」として味噌の普及活動を開始。みそまる考案。ミラノ万博や伊勢志摩サミット等イベントやメディア出演を通し、味噌の魅力を伝えている(2019年MISODOに改名)。著書に『みそまる』(宝島社)、『みそまる 作りおきみそ汁83のレシピ&アイデア』(二見書房)、『手軽に作れて、キレイに効く! みそまる』(主婦と生活社)等。 ※WEB版に掲載している記事は、取材当時の情報です。現在と内容が変わっている可能性がございます。