【ご当地グルメ】葩餅(はなびらもち)に挑戦!!

はなびらもち

葩餅(はなびらもち)を作ってみました!!「葩餅」とは、京都でお正月にいただく伝統的な菓子の一つだそうで、柔らかいお餅に、白みそあんとごぼうとともに求肥で包んだお菓子。

はなびらもち

砂糖は使わず、メープルシロップとはちみつだけにしてみました。白みその上品な味わいが、いかにも京風~!!!次回はもうちょっときれいに作れるといいです。笑

西京味噌さんへ取材に行ってから、ますます白みそにはまってるミソガールです。

西京味噌

ごぼうが意外ですが、訳がありました。「葩餅」は、平安時代の宮中行事「歯固めの儀式」に由来していて、塩漬けした鮎(押鮎)など堅い物を食べ、長寿を願ったとか。押鮎に見立てて、甘煮のごぼうを使うようになったそうです。

ABOUTこの記事をかいた人

藤本智子

【MISODO(藤本智子)】株式会社ミソド代表取締役、一般社団法人みそまる普及委員会理事、月刊「ジャパン味噌プレス」編集長、みそソムリエ。アパレル販売員、読者モデル等を経て、2011年「ミソガール」として味噌の普及活動を開始。みそまる考案。ミラノ万博や伊勢志摩サミット等イベントやメディア出演を通し、味噌の魅力を伝えている(2019年MISODOに改名)。著書に『みそまる』(宝島社)、『みそまる 作りおきみそ汁83のレシピ&アイデア』(二見書房)、『手軽に作れて、キレイに効く! みそまる』(主婦と生活社)等。 ※WEB版に掲載している記事は、取材当時の情報です。現在と内容が変わっている可能性がございます。