一年の家族の健康を思い「七草粥 みそバージョン」

七草
七草粥

1月7日、「今年も家族みんなが元気で暮らせますように」と願いながら七草粥(セリ・ナズナ・ゴギョウ・ハコベラ・ホトケノザ・スズナ・スズシロ)をいただく習慣は江戸時代に広まったそうです。年末年始で食べ過ぎで胃腸がお疲れ気味のこの時期、消化吸収のよいお粥にみそを入れれて、体をリセットしてみてはいかがでしょう。

胃腸は元気ですが、新年早々人生初のぎっくり首になり・・・、10 年以上お世話になっている東京高円寺の整体「FORME」へ駆け込みました。清水ろっかん院長は「任せなさい!」と、バキバキッと一瞬で魔法のように直してくれる。いつも通り全身、顔も矯正しシャキーン。顔はちょっと痛いけど効果テキメンです!!!

ABOUTこの記事をかいた人

藤本智子

【MISODO(藤本智子)】株式会社ミソド代表取締役、一般社団法人みそまる普及委員会理事、月刊「ジャパン味噌プレス」編集長、みそソムリエ。アパレル販売員、読者モデル等を経て、2011年「ミソガール」として味噌の普及活動を開始。みそまる考案。ミラノ万博や伊勢志摩サミット等イベントやメディア出演を通し、味噌の魅力を伝えている(2019年MISODOに改名)。著書に『みそまる』(宝島社)、『みそまる 作りおきみそ汁83のレシピ&アイデア』(二見書房)、『手軽に作れて、キレイに効く! みそまる』(主婦と生活社)等。