中央情報専門学校でみそまる授業

一昨年から非常勤講師として味噌の授業を担当している中央情報専門学校へ。本日は、みそまる実習でした。学生はアジアからの留学生です。

今年度は神州一味噌の宮坂勇一郎会長が味噌のことを教えてくださっているので、ばっちり!と自慢げに話す学生たち。嬉しいですね。

ネパールやベトナムなどでは味噌は見たことがなかったそう。が、今では毎日飲むという人もいてびっくり!味噌汁が第二のお母さんの味になってもらえたら嬉しいな。

昨年は、同学校からなんとミソガールが誕生しています。国際的なイベント、ADBにいっしょに参加しました。

「アジア開発銀行年次総会」アジアの未来、みそで幸せに

ABOUTこの記事をかいた人

藤本智子

藤本智子(ふじもとともこ) 1985 年生まれ、横浜市在住。アパレル販売員、読者モデル、ファッション雑貨店マネージャーを経て、2011 年ミソガールとして「365 日味噌活宣言」をし、みその普及啓蒙活動を開始。2012年「みそソムリエ」取得。2014 年「ジャパン味噌プレス」創刊。2015年「ミラノ国際博覧会日本館サポーター」「朱鷺米応援大使2015」(佐渡市)に就任。著書に『みそまる』(宝島社)、『みそまる 作りおきみそ汁83のレシピ&アイデア』(二見書房)、『手軽に作れて、キレイに効く! みそまる』(主婦と生活社)等がある。2016 年より「中央情報専門学校」非常勤講師。2016年10月株式会社ミソド設立、代表取締役。一般社団法人みそまる普及委員会 理事。