久留米でみそまる・意外に豆みそ人気が高し!

11月24日和食の日にちなみ、和食会議さんから依頼を受け、久留米の御井小学校でみそまる授業。

子どもたちに利きみそをしてもらうと、米みそや麦みそは「これ知ってるよー」と自慢げ。が、意外にも「豆みそがおいしい!」とペロペロと舐めだす子が続出したのには、驚きました。地元のスーパーに行きましたが、豆みそは売っていませんでした。はじめて食べる味に、興味津々の子どもたち。

みそ講座のあとは、みそまるを作ってみんなで試食。最後に感想を発表してくれた子どもたちからは「これなら自分たちでも簡単にできる」「おうちの人に作ってあげます」など、イメージをふくらませて話してくれました。みそまるをきっかけに、食事に関心を持ってもらえるといいなと思います。

実は、母の実家が久留米にあり、里帰り出産だったため、私はこの地で誕生しました。祖父の家で飲んだつぶつぶの麦みそのみそ汁がなつかしい。

久しぶりの故郷に少々浮かれていたミソガール。なんと、ホテルの風呂場ですってんコロリンし足を打撲。結構な深さの傷で保健室の先生から手当を受け、見るも無残な足を引きづりながらの授業となりました。

下記、後日談。

昔、みそは火傷の特効薬としても活用されていたというので、手づくりみそを傷口に塗って経過を観察。おかげで(?)今ではだいぶ傷口が目立たなくなった! 難点はみそが乾くとかさぶたかみそかわからない…。

次回の機会(もう嫌)があれば白のコシみそにしよう。みそはケガにもイイを実証なるか・・・?

(まだ実験中なので、くれぐれも真似しないように)

 

ABOUTこの記事をかいた人

藤本智子

藤本智子(ふじもとともこ) 1985 年生まれ、横浜市在住。アパレル販売員、読者モデル、ファッション雑貨店マネージャーを経て、2011 年ミソガールとして「365 日味噌活宣言」をし、みその普及啓蒙活動を開始。2012年「みそソムリエ」取得。2014 年「ジャパン味噌プレス」創刊。2015年「ミラノ国際博覧会日本館サポーター」「朱鷺米応援大使2015」(佐渡市)に就任。著書に『みそまる』(宝島社)、『みそまる 作りおきみそ汁83のレシピ&アイデア』(二見書房)、『手軽に作れて、キレイに効く! みそまる』(主婦と生活社)等がある。2016 年より「中央情報専門学校」非常勤講師。2016年10月株式会社ミソド設立、代表取締役。一般社団法人みそまる普及委員会 理事。