フード・アクション・ニッポン アワード2017 “ 今一番食べて欲しい、日本の逸品” 10産品に選ばれました!

フードアクション

農林水産省が主催する、国産農林水産物の消費拡大を推進する取り組み「フード・アクション・ニッポン アワード2017」。10 月30 日(月)に、リーガロイヤルホテル東京で最終審査会が開かれました。

フードアクション

9 回目を迎える今年度は、国内の食に関する大手企業のトップ10 人が最終審査委員を務め、国産農林水産物の魅力を活かした優良な産品をコンテスト形式で発掘。応募総数1111 産品から一次審査で100 産品に絞られ、最終審査会では、「今一番食べて欲しい、おいしい日本の逸品」と題し、10 産品が選定されました。

迎えた表彰式では一番はじめに「みそまる」の名が読み上げられ驚きを隠せないミソガールはあたふたしながらステージへ。株式会社阪急阪神百貨店の荒木直也社長は、「インパクトの強いビジュアルと完成度の高い商品。みその消費が減少している中、手軽かつプレミアムにみそを食べられる。週末のご褒美や手土産にも喜ばれそう」と、笑顔で語ってくださいました。

みそまる

みそまるは、全国各地のみそメーカーさん、農家さん、水産業者さん…の思いがまぁるくつながりカタチになったもの。ミソガールのミッションは、その思いを伝えることです。夢は、みそで日本中、世界中の人々を笑顔に、ハッピーにすること!これからも「味噌活」の楽しさを全力で伝えてまいります。

「365 日味噌活宣言」から早7 年目…、本当にたくさんの方に支えられてきました。いつも応援くださる皆様に、この場をお借りし、心よりお礼を申し上げます。

記念撮影

株式会社阪急阪神百貨店 代表取締役社長 荒木直也さんと記念撮影をしていただきました。

ABOUTこの記事をかいた人

藤本智子

【MISODO(藤本智子)】株式会社ミソド代表取締役、一般社団法人みそまる普及委員会理事、月刊「ジャパン味噌プレス」編集長、みそソムリエ。アパレル販売員、読者モデル等を経て、2011年「ミソガール」として味噌の普及活動を開始。みそまる考案。ミラノ万博や伊勢志摩サミット等イベントやメディア出演を通し、味噌の魅力を伝えている(2019年MISODOに改名)。著書に『みそまる』(宝島社)、『みそまる 作りおきみそ汁83のレシピ&アイデア』(二見書房)、『手軽に作れて、キレイに効く! みそまる』(主婦と生活社)等。