「2014 豆腐&大豆食品フェア」でみそまる体験会

豆腐&大豆食品フェア1

\「2014 豆腐&大豆食品フェア」でみそまる体験会/
大豆ファンに味噌の楽しさPR

 

豆腐&大豆食品フェア2

 

11 月23 日・24 日、東京ビッグサイトで「2014 豆腐&大豆食品フェア」

(主催:一般財団法人全国豆腐連合会、日本豆腐協会、関豆ブロック協議会、

一般社団法人日本豆腐機器工業会、全国豆腐機械連合会)が行われました。

訪れた2 万3400 人は、料理家の辰巳芳子さん、

栄養コンサルタントのエリカ・アンギャルさんの特別セミナーほか、

食育体験会、全国豆腐試食会などで大豆食品の魅力を堪能しました。

食育体験コーナーでは、ミソガール&ミソボーイが味噌講座、みそまるづくり、

「てまえみそのうた」パフォーマンスで会場を盛り上げたほか、

「みそ健康づくり委員会」のブースでは「みそまるワークショップ」を開催。

600 人が「みそまるづくりと試飲」を楽しみました。

この日のメニューは、まいたけ、松山あげ、九条ネギが入った「みそまるRED(赤味噌系)」、

がごめ昆布、板麩、切干大根入りの「みそまるWHITE(白味噌系)」。

試食にはチーズ、ピーマン、ドライトマト、クルトンの「洋風みそまる」を用意。

4 人1 組の教室形式で行ったみそまるづくりでは、つくり方だけではなく、

味噌の種類や効能、みそまるの活用法までを伝授しました。

みそまるならいろいろな味を手軽に試せるから飽きがこないし、

愛情込めてつくればおいしさも倍増。

「これは便利、早速やってみる」「お弁当に持っていきたい」

「お母さんに持って帰ったら喜ぶね」など反応は上々。

定食屋のご主人からはこんなコメントもいただきました。

「いつもお鍋が空になってからつくるので、濃かったり薄かったりで、

おいしい味噌汁を提供できないのが悩みでした。すぐにみそまるを活用させてもらいます」。

クリスマス風にラッピングしたみそまるは、かわいい!と好評で、

スタッフ一同にんまりのイベントでした。

 

豆腐&大豆食品フェア3

豆腐&大豆食品フェア4

 

Miso Girl and Miso Boy taught a misomaru making workshop
at “2014 Tofu & Soy Food Fair” held at Tokyo Big Sight.
600 people made and tasted misomaru during the two-day event.
We received positive feedback on the convenience and easiness of misomaru,
and many participants thought it looked cute when wrapped in Christmas paper.

 

ABOUTこの記事をかいた人

藤本智子

【MISODO(藤本智子)】株式会社ミソド代表取締役、一般社団法人みそまる普及委員会理事、月刊「ジャパン味噌プレス」編集長、みそソムリエ。アパレル販売員、読者モデル等を経て、2011年「ミソガール」として味噌の普及活動を開始。みそまる考案。ミラノ万博や伊勢志摩サミット等イベントやメディア出演を通し、味噌の魅力を伝えている(2019年MISODOに改名)。著書に『みそまる』(宝島社)、『みそまる 作りおきみそ汁83のレシピ&アイデア』(二見書房)、『手軽に作れて、キレイに効く! みそまる』(主婦と生活社)等。 ※WEB版に掲載している記事は、取材当時の情報です。現在と内容が変わっている可能性がございます。