「マルサン感謝祭」食育ワークショップ

マルサン感謝祭1

 

愛知県岡崎市にあるマルサンアイは3 月28 日、

近隣の住民への日頃の感謝を込めて「マルサン感謝祭」を開催。

会場では工場見学のほか、オカザえもんとの撮影会や岩津天神太鼓、

さくらcheers48 のポンダンスなどのステージに加え、

岩津高校による豆乳デザートの販売、

スーパーボールすくいや豆つまみゲーム、「三河豚汁」の無料配布など、

楽しい、おいしいメニューが盛りだくさん。

好天に恵まれ、多くの家族連れでにぎわった。

食育ワークショップとしてテントを構えたのは

「みそまる体験会〜ミソガールと一緒にみそまるを作ろう」。

「味の饗宴」シリーズをブレンドした「マルサンみそまる」づくりを体験した人は、

「これはいいアイデア」「子どもを留守番させる時にいい」「具だくさんには驚いた」など大絶賛。

「いい匂い!」「おいしい!」と味噌を舐める子も続出。

用意したみそまる450 人分は15 時には終了した。

 

マルサン感謝祭2 マルサン感謝祭3

 

Miso Girl taught a misomaru workshop at a Marusan’s event,
which the company held to give thanks to the people in Nikki-cho
as it marked 40 years since it moved its headquarters to the town.
400 people enjoyed misomaru.

 

ABOUTこの記事をかいた人

藤本智子

【MISODO(藤本智子)】株式会社ミソド代表取締役、一般社団法人みそまる普及委員会理事、月刊「ジャパン味噌プレス」編集長、みそソムリエ。アパレル販売員、読者モデル等を経て、2011年「ミソガール」として味噌の普及活動を開始。みそまる考案。ミラノ万博や伊勢志摩サミット等イベントやメディア出演を通し、味噌の魅力を伝えている(2019年MISODOに改名)。著書に『みそまる』(宝島社)、『みそまる 作りおきみそ汁83のレシピ&アイデア』(二見書房)、『手軽に作れて、キレイに効く! みそまる』(主婦と生活社)等。 ※WEB版に掲載している記事は、取材当時の情報です。現在と内容が変わっている可能性がございます。