シニガンの代わりにみそ汁を

街並み

フィリピン留学中のミソガール宮内真理です。
フィリピンに到着して最初にしたことは、ショッピングモールでのみそ探し。
フィリピンには、パティス(魚醬)やナタデココなど発酵食品も多いのだから、
みそもあるでしょう!と、期待して行きましたが、
生みそどころか、インスタントみそ汁もないという現実に直面!

学校の先生方に尋ねると、「ミソスープ」は知っていても、詳しくわかる人はなく、
唯一得た情報が「バギオは韓国人が多いから、コリアンスーパーならみそがあるかも」とのこと。
気を取り直し、休日にバスで3 時間かけてバギオへ。
大型スーパーに「インスタントみそ汁」はあったのですが、
ローカルなコリアンスーパーで、ついに「生みそ」を発見!
1kg220 ペソ(約500 円)、フィリピンでは高級食材といえます。

バギオのスーパーマーケット
バギオのスーパーマーケット

店内1
みそ売り場

 

フィリピンでは都心と田舎では食文化が全く異なり、
都会の人にはみその味が合わないようで、
先生にみそ汁を飲んでもらおうとしたら、全力で拒否され…(泣)。
匂いも味もダメだそう。
一方で、 田舎出身の先生には、大好評!
フィリピンの田舎のほうには、魚のペーストを使った「みそ汁に似たスープ」があるのだとか。

先生
みそ汁を気に入ってくれたトリシア先生

 

フィリピンで最も代表的なスープは、酸味の効いた「シニガン」 。
野菜をふんだんに使い、豚肉や鶏肉、海鮮などお好みで具材を入れます。
家庭によっても味はさまざま。
まさに、日本でいうみそ汁的な存在です。

シニガン
シニガン

 

フィリピンではまだまだ認知度の低い「みそ」ですが、
現地ではなんと、みそ風味の「シニガンの素」も販売されています。
ミソスープが第二のお母さんの味になる日は来るのか!?
これからも奮闘します。

 

まりりん宮内真理(みやうちまり)
1988 年、埼玉県生まれ。
2016 年よりミソガールとして活動開始。
世界中に日本の魅力を伝えられる人になりたいと奮闘中。

 

ABOUTこの記事をかいた人

藤本智子

藤本智子(ふじもとともこ) 1985 年生まれ、横浜市在住。アパレル販売員、読者モデル、ファッション雑貨店マネージャーを経て、2011 年ミソガールとして「365 日味噌活宣言」をし、みその普及啓蒙活動を開始。2012年「みそソムリエ」取得。2014 年「ジャパン味噌プレス」創刊。2015年「ミラノ国際博覧会日本館サポーター」「朱鷺米応援大使2015」(佐渡市)に就任。著書に『みそまる』(宝島社)、『みそまる 作りおきみそ汁83のレシピ&アイデア』(二見書房)、『手軽に作れて、キレイに効く! みそまる』(主婦と生活社)等がある。2016 年より「中央情報専門学校」非常勤講師。2016年10月株式会社ミソド設立、代表取締役。一般社団法人みそまる普及委員会 理事。