「みそまる」フード・アクション・ニッポン アワード2017 受賞!

フードアクションニッポンアワード
ロゴ
皆様にうれしいご報告です。即席みそ汁「みそまる」が、国産農林水産物の消費拡大の取り組み「フード・アクション・ニッポン アワード2017」の「受賞10産品」(阪急阪神百貨店選定)に選ばれました!
全国から応募された「1111産品」の中から、一次審査で「入賞」100産品に選ばれた「みそまる」。その後、一般の消費者投票を経て迎えた最終審査会10月30日。
ブ―ス
最終審査会ではバイヤーの商談会と品評会に続いて、国内の食のプロ10人による最終審査会が行われ、みそまるも、商品メニューである5種のみそまるを試食提供。なんと、アワード受賞産品の1品目に「みそまる」の名前を呼ばれました。
受賞
表彰式で株式会社阪急阪神百貨店代表取締役社長 荒木直也さんは、受賞理由を次のように語りました。第1に、頭にお椀を乗せるという格好で社長自ら味噌を宣伝するという体を張った熱心な活動ぶりと味噌への情熱。第2に、インパクトの強いビジュアルとみそまるの完成度。消費量が減ってきている味噌を、手軽にプレミアムな感じで楽しめるという工夫。見た目のかわいさだけでなく、味噌や野菜などこだわりの食材を厳選し、パッケージをおしゃれにしてギフトにも最適な商品になっていること。第3に、日本の文化を伝える商品であると同時に、国産食料自給率の向上に貢献できる商品であること。
コメント
ミソガール藤本智子は、「栄えある賞をありがとうございます。またもったいないようなお言葉をありがとうございます。本日は、ミソガール&ミソマザーを代表して受賞させていただきました。みそまるは、味噌メーカーさんをはじめ、野菜農家さんなど、つくり手の思いを一つに味噌でまあるくを繋げようという商品です。これからも賞に恥じぬよう、多くの人に伝えていきますので、どうぞよろしくお願いいたします」とあいさつ。

当日の様子は、フジテレビ「ノンストップ!」や東京MXテレビ、ヤフーニュースなど、多くのメディアで紹介されました。先日の消費者投票で「みそまる」に1票を投じてくれた方、情報を拡散してくれた皆様に、この場を借りて心よりお礼申し上げます。本当にありがとうございました。

みそまる普及委員会 青柳真美

ABOUTこの記事をかいた人

藤本智子

【MISODO(藤本智子)】株式会社ミソド代表取締役、一般社団法人みそまる普及委員会理事、月刊「ジャパン味噌プレス」編集長、みそソムリエ。アパレル販売員、読者モデル等を経て、2011年「ミソガール」として味噌の普及活動を開始。みそまる考案。ミラノ万博や伊勢志摩サミット等イベントやメディア出演を通し、味噌の魅力を伝えている(2019年MISODOに改名)。著書に『みそまる』(宝島社)、『みそまる 作りおきみそ汁83のレシピ&アイデア』(二見書房)、『手軽に作れて、キレイに効く! みそまる』(主婦と生活社)等。