今日のアミソ♬鮭の味噌漬けで100円鮭が1000円に…!?の巻。

ハローミソプレス!どうもアミソです!(*^o^*)←さいきんYouTubeばっかりみてるので挨拶がユーチューバぽい

先日のジャパンミソプレス事務局でのできごと。

ミソババ様「アミソ、この100円の鮭を味噌漬けにして今日のお昼出して」

アミソ「え!あ!はい!味噌漬けですか??わかりました!」

さあ!というわけで!!

今回はこちらの商品を紹介していきたいと思います!!!(引きずるユーチューバー感)

 

デデン!!!

100円の鮭〜〜〜!!!(調理する前の写真撮り忘れた)

 

今回はこちらの100円の鮭を、

こちらの、鎌田醤油さんの「米こうじ味噌」を使って味噌漬けにしていきたいと思います!

今回鎌田醤油さんの味噌を選んだ理由は、

パッケージにも書いてある通り、

大豆、米、塩、すべて北海道産。

 

そこで出てきたアミソの安易な考え

北海道=海=魚=鮭。

「よし、この味噌でいこう。」

さあ本題へ参りましょう!(*^o^*)

鮭の味噌漬けを頼まれたはいいものの、つくったことないのでよくわからないアミソ。

そこでネットで調べてみると、

「味噌につけた鮭を2日おきましょう」

え!!

2日!!??

えーいま10時半でしょ、てことは今日のお昼に出すには1時間半くらいしか味噌につけられないじゃん…

これは、ミソババ様に相談だ。

ミソババ様「1時間半漬ければ十分だから早くつくりなさい」

というわけで

かなり時短ですが鮭の味噌漬けつくっていきたいとおもいまーす!笑

とはいえ時短だからなんとか味を早く整えなきゃ…と思い、

 

いろいろレシピを調べた結果、

味噌に、酒、みりん、

そして

はちみつもいれてみました!

なんか甘みで時短になりそうだなと思ったので…笑

こんなかんじでまんべんなく味噌ダレを塗りたくり、

はやく染み込んでくれー!と、ジップロックにいれて、モミモミして冷蔵庫へ。

1時間半後。

冷蔵庫から取り出す。

ふむ、そうだよね、1時間半だもんね。あんまりみためは変わってない。

「やあ鮭ちゃん!ついさっきぶり!」って感じ。笑

 

「魚グリルで焼いてね!」

とのことだったので、味噌塗りたくってるし焦げやすいし…と思ってめちゃめちゃ弱火でじっくり。

ん??というか味噌漬けの味噌って塗りたくったまま焼いていいんだよね…?

味噌もったいないし、ましてや二日間漬けるところを1時間半しか漬けてないし!塗りたくったまま焼こう!!

そうして出来上がったものがこちら。

お?なんか味噌が鮭にいい感じにデコボコとついていて美味しそうにみえません??(笑)

お味噌汁と、炒め物もアミソがつくました!アミソ定食日替わりA的な。笑

 

さあ、いざ、実食!!!

味噌漬け鮭の、お味はというと…

アミソがまず一口パクリ。

おお!!すごい!全然100円のクオリティじゃない!脂ののったようなコクがでておいしい!!

 

味噌につけるとなんでも美味しくなるんだなあー!とアミソが喜んでいると

ミソババ様が、パクリ。そして一言。

「ねえ、これ味噌洗うか拭き取るかした?」

へ!!!??

味噌漬けの味噌って拭き取らなきゃいけなかったのーーーーー??!!!

アミソ「あっ…ふきとってません…むしろ塗りたくって焼きました…」

ミソババ様「よく焦げなかったねえ。味噌漬けの味噌はふきとるものなの。こんなに味噌ついてたら、しょっぱいでしょ!!」

アミソ「いやでも今回は1時間半しか漬けてないし…味染みてないかなと思って…ごにょごにょ(小声)」

ミソババ様「ほんとにアミソは料理をわかってないねえ!」

というオチです。(笑)

p.s.個人的にはゴハンの進む味で美味しかったんだけどなあ〜〜だめだったか〜〜(*´-`)(笑)

アミソの味噌修行と料理の勉強はまだまだつづくのであった…(笑)

ABOUTこの記事をかいた人

野口 愛美

新米ミソガールのアミソこと野口愛美です♬ 身をもって味噌の素晴らしさを証明するために365日味噌活始めました! 日々の味噌活の様子、などなど…更新していこうと思っています。 アミソのぷくぷく発酵中な日々をご覧くださいませ…! よろしくお願いします!