【三拍子・高倉陵コラム】提案!日本のビジネスマンはカフェ感覚でみそ汁を!!

みそ大好き芸人三拍子・高倉です。出勤時スタバなどコーヒーショップで買ったコーヒーを片手にビジネス街を歩くサラリーマンやOLをたまに見かける。コーヒーが似合う欧米人がそれをやるのは格好がいいが、日本人には似合わないといつも思う。

では何が似合うかというと、やっぱり日本人は「みそ汁」だ。朝食でしっかり飲んで家を出る人はいいのだが、それができない人は会社に行く前にでもサッとみそ汁を買って飲みながら出勤できれば、目が覚めるし身体にも良い。スタバみたいな雰囲気のみそ汁専門店「ミソバ」があればいい。

まずはベースになるみそ、「赤、白、淡色」などから選べ、次に出汁やトッピングの具を自分でカスタマイズし、蓋のついたカップに入れて出来上がり。地域限定や期間限定のみそがあったり、アイス・ホット、ミソプレッソ、ミソシルフラペチーノなどいろんな種類のみそ汁をその場でも飲めて、お持ち帰りもできる。

これからのビジネスマンはコーヒーじゃなくてみそ汁を、スタイリッシュに飲みながら出勤するようになる。想像しただけで「ミソバ」最高ではないか!

三拍子・高倉陵さんの公式ブログ

【profile】1981年北海道出身。高校時代から漫才を始め1999年に上京。東京アナウンス学院を卒業後、2001年に相方の久保孝真と「三拍子」を結成。サンミュージックプロダクション所属。「第3回お笑いハーベスト大賞優勝」、「THE MANZAI2014」ファイナリスト。

ABOUTこの記事をかいた人

藤本智子

【MISODO(藤本智子)】株式会社ミソド代表取締役、一般社団法人みそまる普及委員会理事、月刊「ジャパン味噌プレス」編集長、みそソムリエ。アパレル販売員、読者モデル等を経て、2011年「ミソガール」として味噌の普及活動を開始。みそまる考案。ミラノ万博や伊勢志摩サミット等イベントやメディア出演を通し、味噌の魅力を伝えている(2019年MISODOに改名)。著書に『みそまる』(宝島社)、『みそまる 作りおきみそ汁83のレシピ&アイデア』(二見書房)、『手軽に作れて、キレイに効く! みそまる』(主婦と生活社)等。