【三拍子・高倉陵コラム】高倉が「高倉みそ」でつくったタカクラ料理!?

みそ大好き芸人三拍子・高倉陵です。

私は自分の名前がお気に入りです。親が付けてくれた「陵」も好きですが、「高倉」という寡黙で不器用だが誠実そうな名字が特に大好きなのです(完全に高倉健さんのイメージ)。

新元号「令和」になりましたが、発表するときは本気で「高倉」になれ!と願っていました。そんな高倉とみそに目がない高倉に友人が「高倉みそ」をプレゼントしてくれたのです。このみその存在を知らなかったので、いただいたときは「発酵」するくらい喜びました。

奄美大島でつくられている高倉みそは、米麹がふんだんに使用されていて、塩分控えめ、独特の香りを持ったみそです。地元では魚みそや豚みそにして食べるようですが、せっかくなので高倉みそを使ったタカクラ料理をつくろうと思いつきました。

スーパーに行って「タカノツメ」と「オクラ」を購入。もうお気づきですよね。タカノツメとオクラを合わせてタカクラ。こちらを軽く炒めて、最後に高倉みそを入れて完成。

えーと、味は高倉みそ自体はおいしいのですが、ネーミング先行でつくったので、全然マッチングしてない。おいしければ今後の料理のレパートリーにしたかったのですが、完全にオクラ入りです(2つの意味で)。

ABOUTこの記事をかいた人

藤本智子

【MISODO(藤本智子)】株式会社ミソド代表取締役、一般社団法人みそまる普及委員会理事、月刊「ジャパン味噌プレス」編集長、みそソムリエ。アパレル販売員、読者モデル等を経て、2011年「ミソガール」として味噌の普及活動を開始。みそまる考案。ミラノ万博や伊勢志摩サミット等イベントやメディア出演を通し、味噌の魅力を伝えている(2019年MISODOに改名)。著書に『みそまる』(宝島社)、『みそまる 作りおきみそ汁83のレシピ&アイデア』(二見書房)、『手軽に作れて、キレイに効く! みそまる』(主婦と生活社)等。 ※WEB版に掲載している記事は、取材当時の情報です。現在と内容が変わっている可能性がございます。