【三拍子・高倉陵コラム】ハンパねぇ、おかず味噌イレブン!!

みそ大好き芸人三拍子・高倉です。日本代表の活躍に感動したロシアW杯の興奮さめやらぬ今日この頃、わが食卓にも最高のイレブンが並んでいた。みそ好きと公言してからは、ありがたいことにファンの方々から、「おかず味噌」をいただくことが多い。

先日、ごはんを炊いたが冷蔵庫に何も入っていなかったので、「おかず味噌」すべてをテーブルに並べてみた。全部で11個。「おかず味噌イレブン」の誕生だ。監督さながら、フォーメーションを組む。GK黒豚みそ、DF油みそ、ゴボウみそ、ごまみそ、くろごまみそ、MFピーマンみそ、えごまみそ、鉄火野菜みそ、あごみそ、牡蠣みそ、FWにんにく焼きみそ。日本代表と同じ4-5-1スタイル。

ワントップのにんにく焼きみその蓋を開け、ごはんにパス、ワントラップしてから口の中にゴール!!ガツンとパワーみなぎるシュート。にんにく焼きみそハンパねぇ。ひとつまみだったが、ごはんを口に運ぶ手が止まらない。その後は怒涛の攻撃。GK黒豚みそまでイレブン全員がそれぞれの持ち味を出してゴールを決めた。

開始から約5分、ごはんがなくなり試合終了。圧倒的な強さを見せるわが家の「おかず味噌イレブン」。すべてにMVPの称号をあげたい。MISO VERY PERFECT!

三拍子・高倉陵さんの公式ブログ

【profile】1981年北海道出身。高校時代から漫才を始め1999年に上京。東京アナウンス学院を卒業後、2001年に相方の久保孝真と「三拍子」を結成。サンミュージックプロダクション所属。「第3回お笑いハーベスト大賞優勝」、「THE MANZAI2014」ファイナリスト。

ABOUTこの記事をかいた人

藤本智子

【MISODO(藤本智子)】株式会社ミソド代表取締役、一般社団法人みそまる普及委員会理事、月刊「ジャパン味噌プレス」編集長、みそソムリエ。アパレル販売員、読者モデル等を経て、2011年「ミソガール」として味噌の普及活動を開始。みそまる考案。ミラノ万博や伊勢志摩サミット等イベントやメディア出演を通し、味噌の魅力を伝えている(2019年MISODOに改名)。著書に『みそまる』(宝島社)、『みそまる 作りおきみそ汁83のレシピ&アイデア』(二見書房)、『手軽に作れて、キレイに効く! みそまる』(主婦と生活社)等。 ※WEB版に掲載している記事は、取材当時の情報です。現在と内容が変わっている可能性がございます。