【三拍子・高倉陵コラム】みそのリズムに気分高揚!秋の発車メロディ狩り?

みそ大好き芸人三拍子・高倉です。

秋も深まり通勤帰宅の駅のホームは肌寒く、いつもより電車が待ち遠しく感じます。ところで発車メロディが駅によって違うのを知っていましたか? 銀座線神田駅は美空ひばりの「お祭りマンボ」、日比谷線秋葉原駅はAKB48の「恋するフォーチュンクッキー」といったように、駅周辺の物が歌詞に入っている歌や、ゆかりの人物に関わるメロディが数多く使われています。

JR高田馬場駅は手塚プロダクション本社があることから「鉄腕アトム」のメロディで有名ですが、西武新宿線の高田馬場駅はあのCMでおなじみ「マルコーメ、ミソ♪」の発車メロディなのです。ホームからは巨大な「マルコメ」の看板が見え、マルコメ東京本部があります。

私はこの駅を通過するたびみそ汁が飲みたくなって仕方ありません。先日、途中下車し、コンビニで購入した即席みそ汁を手に握りながらホームでその発車メロディを聴いてみました。

気分が高揚し少し体があったまりましたが、我に返ると不審者を見るような人の視線を感じ、恥ずかしくなり顔が赤くなりました。やはり高揚(紅葉)は赤くなるものなのですね。皆様もこの秋、高田馬場駅で「発車メロディ狩り」してみてはいかがでしょうか。

 

三拍子・高倉陵さんの公式ブログ

【profile】1981年北海道出身。高校時代から漫才を始め1999年に上京。東京アナウンス学院を卒業後、2001年に相方の久保孝真と「三拍子」を結成。サンミュージックプロダクション所属。「第3回お笑いハーベスト大賞優勝」、「THE MANZAI2014」ファイナリスト。

 

ABOUTこの記事をかいた人

藤本智子

【MISODO(藤本智子)】株式会社ミソド代表取締役、一般社団法人みそまる普及委員会理事、月刊「ジャパン味噌プレス」編集長、みそソムリエ。アパレル販売員、読者モデル等を経て、2011年「ミソガール」として味噌の普及活動を開始。みそまる考案。ミラノ万博や伊勢志摩サミット等イベントやメディア出演を通し、味噌の魅力を伝えている(2019年MISODOに改名)。著書に『みそまる』(宝島社)、『みそまる 作りおきみそ汁83のレシピ&アイデア』(二見書房)、『手軽に作れて、キレイに効く! みそまる』(主婦と生活社)等。