【三拍子・高倉陵コラム】トンカツの入ったとん汁は、果たしておいしいのか⁉

みそ大好き芸人三拍子・高倉陵です。

「トンカツ定食のみそ汁をとん汁に変更」というメニューは何度か見たことがありますが、先日、「トンカツ定食のトンカツをとん汁に投入?」を目にして度肝を抜かれた。

テレビ番組の没メニュー企画から登場したトンカツチェーン店「かつや」の期間限定メニュー「生姜焼きとん汁定食」。名前だけ見ると生姜焼き定食に、とん汁が付いてくることを想像するのだが、この定食はとん汁の中に生姜焼き、さらにトンカツも入れられちゃっているとんでもない食べ物。

看板を見て「誰が食べるの?」「俺でしょ!」「なぜ食べるの?」「そこに、みそがあるから!」と心の中の林修と登山家ジョージ・マロリーに押し切られ店に入り注文。とん汁に浸かったカツは、果たしておいしいのか?

「みそカツ」があるくらいだから、トンカツとみそは合う。汁ものに揚げものはどうか? かき揚げ蕎麦やコロッケそばの感覚と一緒なので、これも絶妙にマッチング。

しかし、味の感想を一言でいうならば「悪くない」でした。悪くなかったけど、やっぱり別々に食べたほうが良かったかな。

先ほどの林修とジョージ・マロリーのたとえも悪くないけど、一緒じゃなく、別々に出したほうがよかったかなと、書きながら反省。

三拍子・高倉陵さんの公式ブログ

【profile】1981年北海道出身。高校時代から漫才を始め1999年に上京。東京アナウンス学院を卒業後、2001年に相方の久保孝真と「三拍子」を結成。サンミュージックプロダクション所属。「第3回お笑いハーベスト大賞優勝」、「THE MANZAI2014」ファイナリスト。

ABOUTこの記事をかいた人

藤本智子

【MISODO(藤本智子)】株式会社ミソド代表取締役、一般社団法人みそまる普及委員会理事、月刊「ジャパン味噌プレス」編集長、みそソムリエ。アパレル販売員、読者モデル等を経て、2011年「ミソガール」として味噌の普及活動を開始。みそまる考案。ミラノ万博や伊勢志摩サミット等イベントやメディア出演を通し、味噌の魅力を伝えている(2019年MISODOに改名)。著書に『みそまる』(宝島社)、『みそまる 作りおきみそ汁83のレシピ&アイデア』(二見書房)、『手軽に作れて、キレイに効く! みそまる』(主婦と生活社)等。 ※WEB版に掲載している記事は、取材当時の情報です。現在と内容が変わっている可能性がございます。