【プロ直伝】黒豚とレーズン・くるみのテリーヌ~白味噌風味~

特別な日やホームパーティーにおすすめ。ワインとも相性抜群の一品! 味つけに白味噌を使うことで、上品な味に仕上がります。

 

【材料(4~5人分)】
豚ブロック(肩ロース・バラ) 500g
玉ねぎ 1 個
ベーコンブロック 100g
レーズン 80g
くるみ 80g
にんにく 3 片
ローリエ 2 枚
白ワイン 適量
白味噌 大さじ3
塩 小さじ1/4
コショウ 少々

 

【つくり方(調理時間50分)】
1 豚ブロック、ベーコンはブツ切りし、豚肉に塩をする。玉ねぎは厚切り、にんにくは皮を剥き、包丁の腹でつぶす。
2 鍋にオリーブオイル(分量外)とにんにくを入れ中火で熱し、油ににんにくの香りを移す。
3 豚肉の脂身を下にして、表面がキツネ色になるまでこんがり焼く。玉ねぎ、ベーコンを加えてさっと炒める。
4 圧力鍋に移し、ひたひたになるまで白ワインを注ぐ。ローリエを加えたらフタをし、高圧で10分加圧する。
5 圧が下がったらフタを開けて煮詰める。グツグツと白ワインが煮立つ音から、パチパチと脂がはじける音に変わるまでが目安。
6 フードプロセッサーに5とレーズン、くるみ、白味噌、塩コショウを入れて滑らかになるまで攪拌する。クッキングシートを敷いたパウンド型に入れて、固まるまで冷蔵庫で冷やしたら完成。

甲斐優美●かいゆみ
料理家。フードコーディネーター。レシピ開発、料理動画撮影、フードスタイリング、ケータリングなど多方面で活躍中。得意分野は、バズレシピ、無添加・低糖質のパーティー料理。

ABOUTこの記事をかいた人

藤本智子

【MISODO(藤本智子)】株式会社ミソド代表取締役、一般社団法人みそまる普及委員会理事、月刊「ジャパン味噌プレス」編集長、みそソムリエ。アパレル販売員、読者モデル等を経て、2011年「ミソガール」として味噌の普及活動を開始。みそまる考案。ミラノ万博や伊勢志摩サミット等イベントやメディア出演を通し、味噌の魅力を伝えている(2019年MISODOに改名)。著書に『みそまる』(宝島社)、『みそまる 作りおきみそ汁83のレシピ&アイデア』(二見書房)、『手軽に作れて、キレイに効く! みそまる』(主婦と生活社)等。 ※WEB版に掲載している記事は、取材当時の情報です。現在と内容が変わっている可能性がございます。