【プロ直伝】アスパラと玄米の豆乳味噌ドリア

ヘルシーな玄米を使用したおしゃれなドリア!
メインディッシュにどうぞ。

【材料(2人分)】
玄米 お茶碗2杯分
玉ねぎ 1/4個分
にんにく 少々
オリーブオイル 適量
塩 適量
薄口醤油 適量

豆乳と味噌のホワイトソース
無調整豆乳 250cc
玄米粉 大さじ1と1/2
白味噌 大さじ1
塩、黒胡椒 各適量
アスパラガス 1束
パン粉 適量

【つくり方(調理時間40分)】
1 玉ねぎ、にんにくは、みじん切りにする。アスパラは塩茹でをして、食べやすい大きさに切る。

2 フライパンにオリーブオイル、1のにんにくを入れ火にかける。いい香りがしてきたら、玉ねぎを加えて炒める。玉ねぎのつんとした香りがなくなったら、玄米を加えて炒め合わせ、塩、薄口醤油で味を調える。

3 ホワイトソースをつくる。鍋に玄米粉と白味噌を入れ、分量のうち少量の豆乳を加え、木べらでよく混ぜる。玄米粉と白味噌のだまがなくなったら、残りの豆乳を加えて溶きのばし、鍋を中火にかける。

4 焦げないように木べらで混ぜ、沸騰したら弱火にし、塩、黒胡椒で味を調える。とろみがついたら火からおろす。

5 耐熱皿にうすくオリーブオイルを塗り、2の玄米、ホワイトソースの順に重ねる。1のアスパラを並べ、上からパン粉を散らし、オーブントースターでこんがりと色づくまで焼く。

赤城美知子●あかぎみちこ
toricot(トリコ)主宰。緑あふれる鎌倉の山の家で暮らしながら、野菜料理とお菓子の教室を中心に、雑誌やWEBでも活躍中。素材本来の味を生かしたシンプルなレシピには定評がある。

 

ABOUTこの記事をかいた人

藤本智子

【MISODO(藤本智子)】株式会社ミソド代表取締役、一般社団法人みそまる普及委員会理事、月刊「ジャパン味噌プレス」編集長、みそソムリエ。アパレル販売員、読者モデル等を経て、2011年「ミソガール」として味噌の普及活動を開始。みそまる考案。ミラノ万博や伊勢志摩サミット等イベントやメディア出演を通し、味噌の魅力を伝えている(2019年MISODOに改名)。著書に『みそまる』(宝島社)、『みそまる 作りおきみそ汁83のレシピ&アイデア』(二見書房)、『手軽に作れて、キレイに効く! みそまる』(主婦と生活社)等。 ※WEB版に掲載している記事は、取材当時の情報です。現在と内容が変わっている可能性がございます。