【ご当地グルメ】奈良「きな粉雑煮」

新年を祝うごちそう料理に欠かせない「雑煮」。神さまに供え、神とともに食すというのが、雑煮を食べる大事な意味合いとされています。一口に雑煮といっても、餅の形や味付け、具材など、地域や家庭によってさまざまなバリエーションがありますね。

関東の私にとって衝撃的だったのは、白みそベースの「京風雑煮」と、香川のあん餅が入った「あん餅雑煮」!  毎年、各地のみそ味の雑煮を楽しんできましたが、記念すべく2019年のはじまりに選んだ雑煮は、奈良の「きな粉雑煮」です。

「きな粉雑煮」とは、丸餅やサトイモ、ダイコン、豆腐、にんじんなどを加えた白みそ仕立てのお雑煮。ここまでは京風雑煮と大差ないのですが、途中で餅を取り出し、砂糖入りのきな粉につけて食べるのが奈良県民の雑煮の楽しみ方。たとえるなら「安倍川もち」のような味わいで、白みその甘じょっぱさと、きな粉の香ばしさが最高のコンビネーション!

ではなぜ、きな粉なのか。諸説あるようですが、きな粉には悪霊を追い払う力、子孫繁栄、米の豊作などの願いが込められているのでは、といわれているそうです。

また、見逃せないのが、きな粉の栄養価。大豆は、これから植物として育とうする種子であるがゆえに、小さな一粒にたくさんの栄養素を含んでいます。ご存じの通り、「畑の肉」と称され、植物性タンパク質や脂質、炭水化物、ビタミン、ミネラルなど、栄養の宝庫。きな粉は、大豆の栄養はほぼそのままに、消化吸収がよく摂取できるすぐれモノ。

しょっぱいもののあとには、甘いものが食べたくなりますが、「きな粉雑煮」なら、汁物とデザートを一緒に食べることができて一石二鳥。雑煮をつくるのが面倒という方は、商品も販売されているので、「きな粉雑煮」で検索を!

ABOUTこの記事をかいた人

藤本智子

【MISODO(藤本智子)】株式会社ミソド代表取締役、一般社団法人みそまる普及委員会理事、月刊「ジャパン味噌プレス」編集長、みそソムリエ。アパレル販売員、読者モデル等を経て、2011年「ミソガール」として味噌の普及活動を開始。みそまる考案。ミラノ万博や伊勢志摩サミット等イベントやメディア出演を通し、味噌の魅力を伝えている(2019年MISODOに改名)。著書に『みそまる』(宝島社)、『みそまる 作りおきみそ汁83のレシピ&アイデア』(二見書房)、『手軽に作れて、キレイに効く! みそまる』(主婦と生活社)等。 ※WEB版に掲載している記事は、取材当時の情報です。現在と内容が変わっている可能性がございます。