【ご当地グルメ】おかず?おやつ?「落花生みそ」

落花生みそ
落花生

落花生の国内生産量No.1 千葉の郷土料理「落花生みそ」(ピーナッツみそ)は、煎った落花生にみそや砂糖などの調味料を混ぜ合わせ練り上げたもの。栄養価が高く、手軽な保存食として昔から重宝されてきた。落花生の香ばしさと、甘じょっぱいみその風味は、誰もが認める名コンビ。おかずにはもちろん、子どもたちのおやつにもぴったりだ。

「落花生は太る」というイメージを抱く人もいるかもしれないが、実はダイエットや美容、アンチエイジングにもよいとされ、また、生活習慣病予防効果も期待できると注目されている食材。さらに、みそと合わせるのだから最強のパワーフード。積極的に常備したいおかずみそだ。

つくり方は簡単。落花生300g(炒ったもの、殻をむく)にみそ60g、砂糖60g、酒大さじ1、みりん大さじ2 を混ぜ合わせ、弱火で練り上げるだけで完成。お好みで白ごまを和えてもよい。赤みそなら深みのあるしっかり味に、白みそならすっきりとした味になる。冷蔵で2週間、冷凍で1 か月ほど保存が可能。

Rakkasei Miso, a specialty of Chiba, is delicious,nutritious roasted peanuts mixed with miso,
sugar, sake, and so on.

 

ABOUTこの記事をかいた人

藤本智子

【MISODO(藤本智子)】株式会社ミソド代表取締役、一般社団法人みそまる普及委員会理事、月刊「ジャパン味噌プレス」編集長、みそソムリエ。アパレル販売員、読者モデル等を経て、2011年「ミソガール」として味噌の普及活動を開始。みそまる考案。ミラノ万博や伊勢志摩サミット等イベントやメディア出演を通し、味噌の魅力を伝えている(2019年MISODOに改名)。著書に『みそまる』(宝島社)、『みそまる 作りおきみそ汁83のレシピ&アイデア』(二見書房)、『手軽に作れて、キレイに効く! みそまる』(主婦と生活社)等。