【ご当地グルメ】江戸時代より続く鹿児島「さつま汁」

鶏肉や野菜がたっぷり入った「さつま汁」は、江戸時代から食べられている鹿児島の郷土料理。「さつま」とは、さつま鶏を使うことに由来する。薩摩藩では、さつま鶏による闘鶏が盛んで、負けた鶏をみそ汁にしたのが始まりとされる。各家庭でつくり方は千差万別だが、基本は鶏肉、大根、にんじん、こんにゃく、ごぼう、さつまいも、しいたけなど、具材を食べやすいサイズに切り、柔らかくなるまで出汁でゆでた後、みそで味を整える。

本場の味を楽しみたいなら、甘口の麦みそを。お好みで生姜の搾り汁やネギをちらして出来上がり。鶏肉はしっかり味が出るモモ肉がおすすめ。鶏と野菜の旨味と栄養が一椀に凝縮。食欲をなくしがちな暑い時期にもイチオシの一品。

Satsumajiru, a hearty nutrient-packed soup with chicken and plenty of vegetables that is seasoned with a barley miso, is a local dish of Kagoshima which has been around since the Edo period.

ABOUTこの記事をかいた人

藤本智子

【MISODO(藤本智子)】株式会社ミソド代表取締役、一般社団法人みそまる普及委員会理事、月刊「ジャパン味噌プレス」編集長、みそソムリエ。アパレル販売員、読者モデル等を経て、2011年「ミソガール」として味噌の普及活動を開始。みそまる考案。ミラノ万博や伊勢志摩サミット等イベントやメディア出演を通し、味噌の魅力を伝えている(2019年MISODOに改名)。著書に『みそまる』(宝島社)、『みそまる 作りおきみそ汁83のレシピ&アイデア』(二見書房)、『手軽に作れて、キレイに効く! みそまる』(主婦と生活社)等。 ※WEB版に掲載している記事は、取材当時の情報です。現在と内容が変わっている可能性がございます。