【ご当地グルメ】モミモミして和えるのみ!香川「ちしゃもみ」

春の祝い事には欠かせない「ちしゃもみ」とは、「チシャレタス」を塩揉みし、みそや酢みそで和え、ちりめんを散らした香川の郷土料理。ちりめんの代わりに、焼いたさばや缶詰が使われることもある。サニーレタスに似た「チシャレタス」は、昔はどの農家の畑にも植えられていた。あくが強く、あく出しのため一度揉んで調理することから「ちしゃもみ」と呼ばれるようになった。

チシャレタス(もしくは、サニーレタス)をよく洗い、手で食べやすい大きさに切って塩揉みし、しんなりとしてきたら絞って水気を切る。酢みそは、白みそ2:酢2:砂糖1の割合で混ぜてつくる。少し色が付く程度に焼いた油揚げとチシャレタスと和えて完成だ。すっきり爽やかな風味、体調を崩しがちなこの季節に、野菜とみそで栄養をチャージ。

Chishamomi, a healthy local dish of Kagawa, is prepared by massaging chisha, a vegetable which looks like lettuce, with salt until the leaves are softened, dressing with miso and vinegar, and sprinkling dried young sardines to finish.

ABOUTこの記事をかいた人

藤本智子

【MISODO(藤本智子)】株式会社ミソド代表取締役、一般社団法人みそまる普及委員会理事、月刊「ジャパン味噌プレス」編集長、みそソムリエ。アパレル販売員、読者モデル等を経て、2011年「ミソガール」として味噌の普及活動を開始。みそまる考案。ミラノ万博や伊勢志摩サミット等イベントやメディア出演を通し、味噌の魅力を伝えている(2019年MISODOに改名)。著書に『みそまる』(宝島社)、『みそまる 作りおきみそ汁83のレシピ&アイデア』(二見書房)、『手軽に作れて、キレイに効く! みそまる』(主婦と生活社)等。 ※WEB版に掲載している記事は、取材当時の情報です。現在と内容が変わっている可能性がございます。