【ご当地グルメ】モッタイナイ!から生まれた 鈴鹿「そうめんぬた」

「そうめんぬた」は、そうめんの生産地でもある三重県鈴鹿市のご当地料理。100年以上前から伝わる料理で、折れたり、曲がったりして売り物にならないそうめんを捨てるのがモッタイナイ!と、イカやネギと一緒にみそで絡め、「ぬた」にして食したのがはじまりとされる。

つくり方は、絡みやすく食べやすいようそうめんを半分に折り、ややかためにゆでる。イカは細切り、ネギはゆでて5cmぐらいのぶつ切りにする。これをすりごま、みそ、砂糖、酢の合わせ諷味料で和えたら完成。法事やお盆などにつくる家庭が圧倒的に多いが、経済的な上、濃厚な味で、ごはんや酒のつまみにぴったりなので、日常的にもおかずとして食されている。食欲が落ちやすい夏、ついついそうめんに頼りがちの人も多いが、たまには、めんつゆではなく、「ぬた」でアレンジしてみてはいかが?

ABOUTこの記事をかいた人

藤本智子

【MISODO(藤本智子)】株式会社ミソド代表取締役、一般社団法人みそまる普及委員会理事、月刊「ジャパン味噌プレス」編集長、みそソムリエ。アパレル販売員、読者モデル等を経て、2011年「ミソガール」として味噌の普及活動を開始。みそまる考案。ミラノ万博や伊勢志摩サミット等イベントやメディア出演を通し、味噌の魅力を伝えている(2019年MISODOに改名)。著書に『みそまる』(宝島社)、『みそまる 作りおきみそ汁83のレシピ&アイデア』(二見書房)、『手軽に作れて、キレイに効く! みそまる』(主婦と生活社)等。