徳川家康の鷹狩りをイメージ「東金黒豆みそ鍋」

千葉県東金市は徳川家康が鷹狩りによく訪れた地。東金市の「求名」という地名は、まだ名がなかった当時、家康が家来に「この地はなんという所か?」と名を求めたことに由来する。家康といえば、麦飯と「五菜三根」(5つの葉物と根菜類)のみそ汁を常食していたなど、健康マニアだったと伝えられている。

東金市の特産品に、黒豆でつくった風味豊かな「黒豆みそ」がある。ほんのり香る黒豆の香ばしさと深い甘みが特徴。8年前、この味を世に広めようと、市や飲食店、農家等がタッグを組み「東金黒豆みそ鍋の会」を結成し「ご当地鍋」を開発。メディアでもたびたび取り上げられ、「ニッポン全国鍋グランプリ2017」で第3位を獲得するなど、話題となっている。

「会席亭かくじゅう」の「東金黒豆みそ鍋(家康鷹狩り鍋)」は、かつおとあさりでだしを引いたスープに、カモ肉、鶏肉、豚肉、野菜などの具材がふんだんに入っている。スープの色は濃いが、甘口でやさしいテイスト。〆には、ご飯とたまごを溶き入れ、雑炊にするのが通の食し方。

「東金黒豆みそ鍋の会」代表の永井清さん(会席亭かくじゅう代表)は、「東金は家康が鷹狩りをしたという貴重なまち。東金といえば『東金黒豆みそ鍋(家康鷹狩り鍋)』となるよう、東金の魅力を伝えていきたい」と語る。

千葉県東金市東岩崎11-20 TEL0475-52-3434
会席亭かくじゅう「家康鷹狩り鍋」

ABOUTこの記事をかいた人

藤本智子

【MISODO(藤本智子)】株式会社ミソド代表取締役、一般社団法人みそまる普及委員会理事、月刊「ジャパン味噌プレス」編集長、みそソムリエ。アパレル販売員、読者モデル等を経て、2011年「ミソガール」として味噌の普及活動を開始。みそまる考案。ミラノ万博や伊勢志摩サミット等イベントやメディア出演を通し、味噌の魅力を伝えている(2019年MISODOに改名)。著書に『みそまる』(宝島社)、『みそまる 作りおきみそ汁83のレシピ&アイデア』(二見書房)、『手軽に作れて、キレイに効く! みそまる』(主婦と生活社)等。 ※WEB版に掲載している記事は、取材当時の情報です。現在と内容が変わっている可能性がございます。