【ご当地グルメ】素朴だけどハマる味わい!岩手「みそぱさみ」

一見、餃子のような見た目の「みそぱさみ」は、小麦粉をこねて、中にくるみみそ等を入れて口を閉じてゆでたもの。農作業の休憩の時などに食べたという岩手の伝統的なおやつだ。なんともかわいい響きの名前だが、地域により「かますもち」、「きんかもち」「ひゅうず」など、いろいろな名称で呼ばれている。

つくり方(つくりやすい分量)は、小麦粉100g、水適量、黒砂糖50g、くるみ20g、みそ大さじ1弱。黒砂糖、みそ、くるみを合わせて練り「くるみみそ」をつくる。小麦粉に水を少しずつ足してこね、耳たぶほどの柔らかさにしたら、丸く平らにする。「くるみみそ」を入れ、餃子の要領で半月形にして口を閉じる。熱湯でゆでて、火が通ったら取り出して完成。香ばしさをプラスしたり保存性を高めるためにさっと焼く場合もある。

モチモチした食感と、甘じょっぱいみそが、素朴ながらハマる味わい。腹もちがよいので、仕事の合間や勉強のお供にもピッタリ!

ABOUTこの記事をかいた人

藤本智子

【MISODO(藤本智子)】株式会社ミソド代表取締役、一般社団法人みそまる普及委員会理事、月刊「ジャパン味噌プレス」編集長、みそソムリエ。アパレル販売員、読者モデル等を経て、2011年「ミソガール」として味噌の普及活動を開始。みそまる考案。ミラノ万博や伊勢志摩サミット等イベントやメディア出演を通し、味噌の魅力を伝えている(2019年MISODOに改名)。著書に『みそまる』(宝島社)、『みそまる 作りおきみそ汁83のレシピ&アイデア』(二見書房)、『手軽に作れて、キレイに効く! みそまる』(主婦と生活社)等。 ※WEB版に掲載している記事は、取材当時の情報です。現在と内容が変わっている可能性がございます。