【ご当地グルメ】ねっとり感がたまらない栃木「いも串」

「いも串」は、蒸した里芋を串に刺して囲炉裏で軽く炙り、みそダレをつけて食べる栃木県の郷土料理だ。

この地方では古くから里芋がたくさんとれ、主食代わりにもなる食品として重宝されてきたが、いも串はおやつや農作業の合間などによく食べられていた。また、この地方には「もちなし正月」という家訓を持っている家があり、そうした家では、お餅の代わりに「いも串」を食べていた。

今ではつくる人は減ってしまったが、ねっとりとした里芋とみその織り成す素朴な味わいは、一度食べるとハマる。囲炉裏で焼くのが一番だが、自宅でつくる場合は、蒸した里芋を串にさし、オーブントースターやフライパンで軽く焼いたら、みそダレをつける。みそダレは、焼く前でも焼いたあとでもお好みで。

みそダレは、みそ100g、砂糖60g、みりん大さじ2を弱火で火にかけてつくる。お好みで、ゆずやごま、山椒の実などを加えてもOK!  小口切りにしたねぎを散らせば、緑が加わりよりおいしさが増す。

ABOUTこの記事をかいた人

藤本智子

【MISODO(藤本智子)】株式会社ミソド代表取締役、一般社団法人みそまる普及委員会理事、月刊「ジャパン味噌プレス」編集長、みそソムリエ。アパレル販売員、読者モデル等を経て、2011年「ミソガール」として味噌の普及活動を開始。みそまる考案。ミラノ万博や伊勢志摩サミット等イベントやメディア出演を通し、味噌の魅力を伝えている(2019年MISODOに改名)。著書に『みそまる』(宝島社)、『みそまる 作りおきみそ汁83のレシピ&アイデア』(二見書房)、『手軽に作れて、キレイに効く! みそまる』(主婦と生活社)等。 ※WEB版に掲載している記事は、取材当時の情報です。現在と内容が変わっている可能性がございます。