【ご当地グルメ】武田信玄も愛した山梨のほうとう

ほうとう

山梨の郷土料理「ほうとう」は、小麦粉を練ってつくる太い平打ち麺とたくさんの野菜を、みそ仕立ての汁で煮込んだもの。かぼちゃ、じゃがいも、里芋、白菜、ねぎ、ごぼう、にんじん、しいたけなど具材に決まりはないが、中でもかぼちゃは欠かせない。みそ仕立ての汁にほろっとくずれるかぼちゃの甘味、具材の旨みをたっぷり吸い込んだもっちり麺が絶妙の一体感を醸し出す。ほうとうは、平安時代に禅僧により中国から日本にもたらされた「饂飩(はくたく)」(こねた小麦粉を麺棒で細長く延ばしたもの)が語源といわれている。

山々に囲まれ、水田が少ない山梨県は、昔からお米を主食にすることが困難で、小麦を主食としてきた。ほうとうはこれ一杯でしっかり栄養をカバーできるとあって、この土地ならではの生活の知恵として古くから根付いてきた。漢字で「宝刀」と書き、武田信玄が刀で具材を刻み、野戦食として用いていたという伝説も残っている。最近では、チゲやバター風味など、アレンジメニューも多く誕生。生麺をそのまま具材と一緒に煮込むので、汁にとろみがついて冷めにくく、食べたら体がぽかぽかになる。これからの季節にぴったりだ。

Hoto, a hearty and warming local dish of Yamagata, is flat udon noodles cooked with various vegetables in a misobased soup.

ABOUTこの記事をかいた人

藤本智子

藤本智子(ふじもとともこ) 1985 年生まれ、横浜市在住。アパレル販売員、読者モデル、ファッション雑貨店マネージャーを経て、2011 年ミソガールとして「365 日味噌活宣言」をし、みその普及啓蒙活動を開始。2012年「みそソムリエ」取得。2014 年「ジャパン味噌プレス」創刊。2015年「ミラノ国際博覧会日本館サポーター」「朱鷺米応援大使2015」(佐渡市)に就任。著書に『みそまる』(宝島社)、『みそまる 作りおきみそ汁83のレシピ&アイデア』(二見書房)、『手軽に作れて、キレイに効く! みそまる』(主婦と生活社)等がある。2016 年より「中央情報専門学校」非常勤講師。2016年10月株式会社ミソド設立、代表取締役。一般社団法人みそまる普及委員会 理事。