【ご当地グルメ】秩父のおなめ 麦麹の甘さが特徴です。

おなめイメージ

昔から良質の麦の生産地である埼玉では、麦味噌づくりが盛んである。九州地方でよく食べられている甘い麦味噌とは違い、塩分もしっかりときいていて、長い間ゆっくりと発酵熟成を行うため、香りが高く、まろやかで豊かな風味が特徴だ。一方、秩父の食卓には必ずといっていいほど登場する定番おかずが「おなめ」。

大豆と麦、塩を主原料とし、麹菌の酵素の力によって醸造されたもの。おなめの語源は、お箸を舐めてしまうほどおいしいからと伝えられている。たとえるなら、味噌と醤油の中間のような味わい。地方によってつくり方もさまざまで、「ひしお」「醤油の実」と呼ばれることもあり、嘗め味噌(おかず味噌)の部類になる。

秩父地方でも、各家庭により「おなめ」の味はさまざまで、まさに「手前おなめ」!? 味噌のように、長期間寝かせるわけではなく、1 週間くらいで完成するので手づくり派も多いとか。

新井武平商店の「秩父おなめ」は、通常のおなめに茄子と生姜を加えたもの。塩がほんのり効いていて、ごはんはもちろん、野菜や豆腐とも相性が良い。黄色のパッケージがかわいく、お土産にも人気だ。秩父が生んだおふくろの味をご賞味あれ!

おなめ秩父おなめつぼ(美濃焼)詰化粧箱入り
900g 入・450g 入

【新井武平商店】
埼玉県秩父郡皆野町大字皆野1120-2
TEL0494-62-0032
http://www.chichibu-miso.jp/

Oname, made with soybeans, barley and salt, is a local food from Chichibu, Saitama.
It’s named oname, which means‘lick,’
because people couldn’t help but lick their chopsticks after a meal with oname.
It goes great with rice, vegetables, and tofu.

 

ABOUTこの記事をかいた人

藤本智子

藤本智子(ふじもとともこ) 1985 年生まれ、横浜市在住。アパレル販売員、読者モデル、ファッション雑貨店マネージャーを経て、2011 年ミソガールとして「365 日味噌活宣言」をし、みその普及啓蒙活動を開始。2012年「みそソムリエ」取得。2014 年「ジャパン味噌プレス」創刊。2015年「ミラノ国際博覧会日本館サポーター」「朱鷺米応援大使2015」(佐渡市)に就任。著書に『みそまる』(宝島社)、『みそまる 作りおきみそ汁83のレシピ&アイデア』(二見書房)、『手軽に作れて、キレイに効く! みそまる』(主婦と生活社)等がある。2016 年より「中央情報専門学校」非常勤講師。2016年10月株式会社ミソド設立、代表取締役。一般社団法人みそまる普及委員会 理事。