ツルンと喉ごしがいい 青森「そばかっけ鍋」

そばかっけ

「そばかっけ」は、青森の中でも米がとれなかった南部などを中心に食べられていた郷土食で、「麦かっけ」もある。そば切りやうどんなどの麺をつくるときに残った「かけら」、「脚気が治ったから」、「角形」が転じてなどと、いろいろな説がある。鍋にしていただくのが最もポピュラーな食べ方で、北の厳しい自然環境の中で先人が編み出したレシピが、今では立派な料理の一つとなり伝承されている。

昆布だしで大根を煮たら、三角形に切ったかっけをしゃぶしゃぶの要領でくっつかないように入れ、豆腐やねぎを加える。かっけがお好みの煮え具合になったら、にんにくみそやねぎみそをつけて食べる。茹で汁は「そば湯」としてもいただける。ツルンと喉ごしがいい青森「そばかっけ鍋」ヘルシーでいて、そば独特の風味と食感、ツルンとした喉ごしで何枚でも食べられるおいしさ。そばのシンプルで素朴な味わいに、パンチのあるおかずみその風味がより引き立つ。塩をふってポテトチップス風にしたり、肉みそやチーズを包んで揚げたり、冷やして食べたりと、アレンジのバリエーションも幅広い。「そばかっけ」は、そば粉から手づくりしてもいいし、通販でも購入できる。

Sobakakke, a specialty ofAomori, the pieces left over after cutting soba noodles,
are boiled and eaten with garlic miso or green onion miso.

ABOUTこの記事をかいた人

藤本智子

【MISODO(藤本智子)】株式会社ミソド代表取締役、一般社団法人みそまる普及委員会理事、月刊「ジャパン味噌プレス」編集長、みそソムリエ。アパレル販売員、読者モデル等を経て、2011年「ミソガール」として味噌の普及活動を開始。みそまる考案。ミラノ万博や伊勢志摩サミット等イベントやメディア出演を通し、味噌の魅力を伝えている(2019年MISODOに改名)。著書に『みそまる』(宝島社)、『みそまる 作りおきみそ汁83のレシピ&アイデア』(二見書房)、『手軽に作れて、キレイに効く! みそまる』(主婦と生活社)等。 ※WEB版に掲載している記事は、取材当時の情報です。現在と内容が変わっている可能性がございます。