【ご当地グルメ】江戸の粋な漁師グルメ 東京「深川めし」

深川めし

江戸時代、深川地区(現在の東京都江東区一帯)は海で、漁師の町として栄えていた。当時から、漁師たちが忙しい漁の合間に手早くさっとつくれ、食べられる漁師たちの日常食としてもてはやされていたのが、「深川めし」だ。アサリやハマグリなどをみそで煮込んで熱いごはんにぶっかけた「深川めし」は、みその香り高い風味とうま味、じゅわっと広がるアサリのエキスが体に染みわたる。弁当に持っていけるようにと、むき身をごはんと一緒に炊き込むタイプもある。アサリは、日本で一番多く食べられている貝で、ビタミンやたんぱく質など多くの栄養素が含まれている。手軽に手に入り、おいしくて栄養価の高い「深川めし」はまさに、漁師の知恵が詰まった郷土料理。

埋め立てが進み、海が遠くなってしまった今でも、この食文化は受け継がれ、この地区一帯には、「深川めし」を提供する名店が数多く残っている。また、駅弁としても根強い人気を誇り、東京駅などでも売られている。江戸庶民の暮らしぶりを思いながら、アサリとみその素朴な味わいを堪能してみてはいかが。

Fukagawa-meshi, a miso soup with clams poured over rice,
started as a fishermen’s food in Fukagawa, Tokyo, in the Edo period and is still popular.

ABOUTこの記事をかいた人

藤本智子

【MISODO(藤本智子)】株式会社ミソド代表取締役、一般社団法人みそまる普及委員会理事、月刊「ジャパン味噌プレス」編集長、みそソムリエ。アパレル販売員、読者モデル等を経て、2011年「ミソガール」として味噌の普及活動を開始。みそまる考案。ミラノ万博や伊勢志摩サミット等イベントやメディア出演を通し、味噌の魅力を伝えている(2019年MISODOに改名)。著書に『みそまる』(宝島社)、『みそまる 作りおきみそ汁83のレシピ&アイデア』(二見書房)、『手軽に作れて、キレイに効く! みそまる』(主婦と生活社)等。 ※WEB版に掲載している記事は、取材当時の情報です。現在と内容が変わっている可能性がございます。