【ご当地グルメ】沖縄のお母ちゃんの味 アンダンスー

アンダンスー

沖縄フードの定番、豚肉を甘いみそで絡め炒めた「アンダンスー」(油みそ)。「アンダミスー」とも呼ばれ、アンダ=油、ミス−=みその意。ジューシーな豚肉がたっぷり入った、ウチナーンチュ(沖縄の人)の大好物で、どの家庭でもたいてい1びんは常備している。ごはんにのせて食べるほか、おにぎりの具として中に入れることも多い。

もともとは各家庭でつくる常備食だが、現在は市販品も多く販売され、地域によっては豚肉の代わりに魚や貝、タコなどを加えたアンダンスーもあり、バリエーションが豊富だ。まとめてつくっておけば、忙しいときでも、立派なおかずとなり重宝する。

つくりやすい分量のレシピは、豚肉300g をかたまりのままゆでてから細かく刻む。次に、フライパンで炒める。油が出てきたら、みそ200g、砂糖大さじ4、酒大さじ2、みりん大さじ2 を混ぜたものをかけ、弱火でじっり炒めるだけで完成。お好みでごまをかけてもOK。本場の味はけっこう甘いので、お好みで砂糖の量を増やしてもよし、しょうがやにんにくを入れてもよし。

Andansu, also known as Abura Miso, is a type of seasoned miso from Okinawa,
which is made with pork and eaten with rice.

 

ABOUTこの記事をかいた人

藤本智子

【MISODO(藤本智子)】株式会社ミソド代表取締役、一般社団法人みそまる普及委員会理事、月刊「ジャパン味噌プレス」編集長、みそソムリエ。アパレル販売員、読者モデル等を経て、2011年「ミソガール」として味噌の普及活動を開始。みそまる考案。ミラノ万博や伊勢志摩サミット等イベントやメディア出演を通し、味噌の魅力を伝えている(2019年MISODOに改名)。著書に『みそまる』(宝島社)、『みそまる 作りおきみそ汁83のレシピ&アイデア』(二見書房)、『手軽に作れて、キレイに効く! みそまる』(主婦と生活社)等。 ※WEB版に掲載している記事は、取材当時の情報です。現在と内容が変わっている可能性がございます。