甘じょっぱさがクセになる!福島「みそかんぷら」

みそかんぷら

\ご当地みそグルメ/

 

福島の食卓では、おなじみの「みそかんぷら」。

福島の方言で、ばれいしょのことを「かんぷら」という。

語源は、オランダ語の

「ばれいしょ(aardappel、アールダップル:大地のりんご)」が

「あっぷら」→「かんぷら」に変化したものではないかといわれている。

県内では、ポテトチップスに適した加工用品種「トヨシロ」などが栽培されていて、

昔から出荷できない小さなばれいしょも捨てることなく、日常食として大切に食べてきた。

ばれいしょの主成分はでんぷんで、主食にもなる野菜なので、

食料難の時代にも重宝した。

つくりやすい分量だが、

ばれいしょ(じゃがいも)小1kg、みそ 120g 、砂糖 50g 、みりん大さじ3、油適量、水 250cc。

あらかじめ、みそ、砂糖、みりんを火にかけ、練りみそをつくっておく。

ばれいしょは皮をむかずに、まずは油でじっくり炒めたら、

水を加え蓋をして芯がやわらかくなるまで煮る。

煮えたら練りみそを加え、さらに煮詰めて出来上がり!

まとめてつくっておけば数日間はおかずに重宝する。

甘辛いみそ味がどこか懐かしい味わい。

 

Miso Kanpura, a local dish of Fukushima,
isbareisho (potatoes) cooked with a salty-sweet miso sauce.

 

ABOUTこの記事をかいた人

藤本智子

藤本智子(ふじもとともこ) 1985 年生まれ、横浜市在住。アパレル販売員、読者モデル、ファッション雑貨店マネージャーを経て、2011 年ミソガールとして「365 日味噌活宣言」をし、みその普及啓蒙活動を開始。2012年「みそソムリエ」取得。2014 年「ジャパン味噌プレス」創刊。2015年「ミラノ国際博覧会日本館サポーター」「朱鷺米応援大使2015」(佐渡市)に就任。著書に『みそまる』(宝島社)、『みそまる 作りおきみそ汁83のレシピ&アイデア』(二見書房)、『手軽に作れて、キレイに効く! みそまる』(主婦と生活社)等がある。2016 年より「中央情報専門学校」非常勤講師。2016年10月株式会社ミソド設立、代表取締役。一般社団法人みそまる普及委員会 理事。