【ご当地グルメ】田んぼのサザエ!? 飯山温泉「タニシのみそ煮」

タニシ
バス

厚木市にある飯山温泉郷は、都心から1 時間程度とアクセス良好、「美人の湯」として知られる人気の温泉地。春は山菜、夏は鮎や川魚料理、秋から冬にかけては猪鍋など、旬の料理も見逃せません。中でも注目は、みそ風味のタニシ料理。タニシは、田んぼのサザエといわれる滋養たっぷりの珍味。飯山温泉では、タニシのみそ煮や田楽、柳川鍋など、通年タニシ料理が楽しめるそうです。

飯山温泉

みそは臭みを消すのに最適。味は、甘辛く煮るのが定番ですが、洋風アレンジでバターなどを入れる場合もあるとのこと。

こ、これが、初対面の「タニシのみそ煮」。コリコリした食感と独特の風味、ほどよい「みそ感」が、ごはんのお供や酒の肴に最適。近年、タニシは田んぼから姿を消して収穫量が激減してしまったそうですが、飯山温泉では今も食べることができまます。お料理は、事前に旅館に確認を。

Iiyama Onsen, a hot-spring village in Atsugi, Kanagawa, is known for tanishi (pond snail) dishes, such as tanishi no misoni, pond snails simmered in miso broth, which goes well with sake.

ABOUTこの記事をかいた人

藤本智子

【MISODO(藤本智子)】株式会社ミソド代表取締役、一般社団法人みそまる普及委員会理事、月刊「ジャパン味噌プレス」編集長、みそソムリエ。アパレル販売員、読者モデル等を経て、2011年「ミソガール」として味噌の普及活動を開始。みそまる考案。ミラノ万博や伊勢志摩サミット等イベントやメディア出演を通し、味噌の魅力を伝えている(2019年MISODOに改名)。著書に『みそまる』(宝島社)、『みそまる 作りおきみそ汁83のレシピ&アイデア』(二見書房)、『手軽に作れて、キレイに効く! みそまる』(主婦と生活社)等。