ご当地新みそグルメ発足「加古川ギュッとメシ!」

みそトピ

ご当地新みそグルメ発足
\加古川ギュッとメシ!/

 

志方亭特製 漬け肉ステーキ重志方亭「志方亭特製 漬け肉ステーキ重 」1500 円(税込)

 

「加古川ギュッとメシ」は2017 年2 月9 日に誕生した、兵庫県加古川市の新ご当地グルメ。
加古川市は「牛肉の町」として有名で、焼肉店や肉の卸、精肉店などが多く、
一大産業となっている。

兵庫県は日本各地のブランド牛の素牛とされる但馬牛を筆頭に、
神戸牛、三田牛、黒田庄和牛などブランド牛の宝庫。
さらに、加古川市内では但馬牛の血統を持つ加古川和牛が肥育されている。
ブランド牛の品質に加え、その銘柄数も全国トップクラス!

加古川市民は、昔から肉をおいしく食べる工夫を欠かさなかった。
その一つが、白みそにみりんなどを加えたタレで赤身肉を漬け、
樽は力士の化粧回しのように美しく麻縄で締め上げた「牛肉のみそ漬け」で、
かつては、市内中の精肉店で取り扱っていた。

しかし、冷蔵技術や輸送の発達などによって約20 年前には姿を消してしまった。
当時の味を知る人は
「タレの中で熟成された赤身の旨さは、今でも十分に通用するおいしさ」と話す。

2016 年8 月、加古川市が行った観光実態調査の結果を踏まえて
「かつめしに続くご当地グルメを!」と、市民の手による新たなグルメ開発がスタート。

昔から食肉産業が盛んだったことから「加古川市は牛肉を使いこなす町」
としてのイメージ付けを図るべく、メインの食材は「牛肉」と決定。

市内の飲食店経営者はじめ、有志が集い、ワークショップや試作、試食会を重ね
「加古川ギュッ(牛)とメシ」が完成。

市内9 店舗で食べられるが、まったく同じメニューはなく、
各店が腕をふるいアレンジを加えた味を楽しむことができる。
地元自慢の食材、地域への愛情が“ ギュッ” と詰まった新名物をご賞味あれ。

 

【つくる人のオキテ】
漬ける肉は牛肉であるべし
漬けるタレはみそをベースにするべし
味の変化を楽しませる+αの工夫を用意するべし

 

【食べる人のオキテ】
気になる店が要予約または数量限定かをチェックするべし
(漬け肉は仕込みが命!なのだ)
まずは肉をそのまま味わうべし
食べるペースに注意するべし
(味の変化が楽しめなくなるぞ!)
さまざまな店を巡って愉しむべし

 

【加古川市内にある提供店一覧】
●志方亭
別府町新野辺北町6-43 TEL079-430-2988
●ごほうび焼肉 京城苑
野口町二屋108-1 TEL079-426-0907
● HEROES
八幡町宗佐1103-1 TEL079-451-7636
●やさしい男の料理 ひなた
加古川町大野185-7 TEL079-455-7236
●かき庄
加古川町篠原町77 TEL079-422-2178
●有機茶房 ごえん
加古川町美乃利706-1 森本ビル1 階 TEL079-455-7775
●和食処 おおつぼ
平岡町新在家1-254-12 TEL079-426-9482
●創作酒房 駄駄
加古川町北在家2723 センタービル1 階 TEL079-422-2512
●フレッシュピックル
神野町西之山102-2 TEL079-421-1201

 

Kakogawa Gyutto Meshi, delectable miso-pickled beef,
is a new local dish of Kakogawa, Hyogo, which is known as the city of beef.

 

ABOUTこの記事をかいた人

藤本智子

藤本智子(ふじもとともこ) 1985 年生まれ、横浜市在住。アパレル販売員、読者モデル、ファッション雑貨店マネージャーを経て、2011 年ミソガールとして「365 日味噌活宣言」をし、みその普及啓蒙活動を開始。2012年「みそソムリエ」取得。2014 年「ジャパン味噌プレス」創刊。2015年「ミラノ国際博覧会日本館サポーター」「朱鷺米応援大使2015」(佐渡市)に就任。著書に『みそまる』(宝島社)、『みそまる 作りおきみそ汁83のレシピ&アイデア』(二見書房)、『手軽に作れて、キレイに効く! みそまる』(主婦と生活社)等がある。2016 年より「中央情報専門学校」非常勤講師。2016年10月株式会社ミソド設立、代表取締役。一般社団法人みそまる普及委員会 理事。