太宰治も好んで食べた下北のご当地グルメ「みそ貝焼き」

みそ貝焼き

\ちまたで話題のみそ情報をピックアップ/

太宰治も好んで食べた下北のご当地グルメ「みそ貝焼き」

 

江戸時代に大きなホタテの貝殻を鍋代わりにして魚を調理して食べたのが由来とされる

下北半島の郷土料理「みそ貝焼き」(みそかやき:方言)。

食事処なか川」(青森県むつ市小川町2-21-11 TEL0175-22-3798)の

みそ貝焼定食(890 円)は、大きなホタテの貝殻に

ホタテやフキ、ワラビ、ネギ、カキ、マツモなど約十種類の

素材を入れて煮込み、味噌を溶き入れ、卵でとじたもの。

3 年間寝かせた特製味噌とにぼし、隠し味の白身魚がポイント。

みそ貝焼き普及研究会(むつ商工会議所)では「むつ市グルメガイドマップ」をつくり配布中。

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

藤本智子

藤本智子(ふじもとともこ) 1985 年生まれ、横浜市在住。アパレル販売員、読者モデル、ファッション雑貨店マネージャーを経て、2011 年ミソガールとして「365 日味噌活宣言」をし、みその普及啓蒙活動を開始。2012年「みそソムリエ」取得。2014 年「ジャパン味噌プレス」創刊。2015年「ミラノ国際博覧会日本館サポーター」「朱鷺米応援大使2015」(佐渡市)に就任。著書に『みそまる』(宝島社)、『みそまる 作りおきみそ汁83のレシピ&アイデア』(二見書房)、『手軽に作れて、キレイに効く! みそまる』(主婦と生活社)等がある。2016 年より「中央情報専門学校」非常勤講師。2016年10月株式会社ミソド設立、代表取締役。一般社団法人みそまる普及委員会 理事。