シンプルなのに激うま秩父に伝わる「みそポテト」

みそポテト

\ちまたで話題のみそ情報をピックアップ/

シンプルなのに激うま秩父に伝わる「みそポテト」

 

埼玉県秩父市に伝わる、小昼飯(こぢゅうはん)と呼ぶ郷土料理。

中でも人気の「みそポテト」は、茹でたじゃがいもに小麦粉を溶いた衣につけて

油でカラッと揚げ、甘辛い味噌ダレをかけたもの

サクサクした衣とホクホクしたじゃがいもが味噌ダレと絶妙マッチング。

シンプルなのに激うま。子どもにも大人にも愛される味噌グルメです。

レシピ/味噌、砂糖、みりん、酒または水はお好みの分量。

 

“Miso Potato” is a simple, popular dish in Chichibu.
The crispy potato and the salty-sweet miso sauce go great together.

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

藤本智子

藤本智子(ふじもとともこ) 1985 年生まれ、横浜市在住。アパレル販売員、読者モデル、ファッション雑貨店マネージャーを経て、2011 年ミソガールとして「365 日味噌活宣言」をし、みその普及啓蒙活動を開始。2012年「みそソムリエ」取得。2014 年「ジャパン味噌プレス」創刊。2015年「ミラノ国際博覧会日本館サポーター」「朱鷺米応援大使2015」(佐渡市)に就任。著書に『みそまる』(宝島社)、『みそまる 作りおきみそ汁83のレシピ&アイデア』(二見書房)、『手軽に作れて、キレイに効く! みそまる』(主婦と生活社)等がある。2016 年より「中央情報専門学校」非常勤講師。2016年10月株式会社ミソド設立、代表取締役。一般社団法人みそまる普及委員会 理事。