【ご当地グルメ】常備菜にぴったり富山県民の朝ごはん「よごし」

よごし

富山県で愛される郷土料理「よごし」は、大根の葉やナスなどの野菜をゆでて細かく刻み、みそで和えたもの。ごはんに合うおかずとして県民に愛され、日常的に食されている。なんともインパクトのある名だが、その名の通り、みそで野菜を「汚す」という意味で「よごし」となったといわれている。最もポピュラーなのは、大根の葉だが、具材となる野菜はその地域や家庭によりさまざまで、ほかにも人参の葉、いもじ(里芋の葉)など幅広い。また「畑のキャビア」と呼ばれる、ほうきんの実を使ったよごし料理は「報恩講料理」に欠かせない一品。

よごしは、みそと香ばしいごまの風味が格別で、白飯との相性も抜群。常備菜としても大活躍で、時間があるときにまとめてつくっておくと、時間がない朝やお弁当にも重宝する。つくり方は、大根菜などの野菜をさっと茹でて水にさらし、しっかり絞って細かく刻む。それをごま油でさっと炒め、みそ、みりん、砂糖を加え、最後にすりごまを加えて完成。具材に決まりはないので、冷蔵庫にある野菜でOK。小松菜やほうれんそう、しいたけなど「マイよごし」を楽しんでみてはいかが。

Yogoshi, a specialty of Toyama, is minced vegetables seasoned with miso, which goes wellwith rice.

ABOUTこの記事をかいた人

藤本智子

【MISODO(藤本智子)】株式会社ミソド代表取締役、一般社団法人みそまる普及委員会理事、月刊「ジャパン味噌プレス」編集長、みそソムリエ。アパレル販売員、読者モデル等を経て、2011年「ミソガール」として味噌の普及活動を開始。みそまる考案。ミラノ万博や伊勢志摩サミット等イベントやメディア出演を通し、味噌の魅力を伝えている(2019年MISODOに改名)。著書に『みそまる』(宝島社)、『みそまる 作りおきみそ汁83のレシピ&アイデア』(二見書房)、『手軽に作れて、キレイに効く! みそまる』(主婦と生活社)等。 ※WEB版に掲載している記事は、取材当時の情報です。現在と内容が変わっている可能性がございます。