ほったらかしで神ワザ級!みそ漬けイリュージョン

食材を見ていると、ついついみそに漬けたくなってしまうミソガールです。なぜなら、みそに食材を漬けると、あっという間に「イリュージョン」が起こり、“神ワザ級”においしくなるからです! 100円で買った鮭もあ~ら不思議! みそに漬ければ1000円のおいしさにグレードアップ。生臭みが消えて旨味が凝縮、高級料亭で食べるようなぷりぷり焼き魚に! お肉もジューシーに仕上がり、冷めてもパサパサになりません。他にも野菜やたまご、豆腐などはもちろん、柿やりんごなどのフルーツもOK。お好みのみそで、いろいろ試してみてください。

 

定番みそ漬けのつくり方

みそ床材料…みそ3:みりん1 ※分量は漬ける食材の量により調整
漬ける食材…魚、肉、野菜、卵、チーズ、果物など、お好みで

【STEP1】みそ床をつくる
みそとみりんを混ぜ合わせ、「みそ床」を作る。みそによって柔らかさや塩分量が異なるため分量は適宜調整する。また、にんにくやしょうが、バジルソース、メープルシロップ、マーマレード、ヨーグルト、豆板醤、スイートチリソースなどをプラスすることで、さまざまなフレーバーが楽しめる。

【STEP2】ラップにのばす
バットに、食材が包めるサイズのラップを敷き1/2量のみそをのばす。みそ床がかたい場合は、みりんや水を足してゆるめる。

【STEP3】食材を漬ける
食材をラップの上にのせ、さらに食材を覆うようにそっとみそ床をぬる。
※卵黄や絹ごし豆腐など、崩れやすいものの場合はガーゼを使用する。

【STEP4】ねかせる
ラップにくるんで冷蔵庫に保存。魚や肉、野菜は半日~1日、卵や豆腐など味のしみにくい食材は3~4日漬ける(食材を小さく切ればその分早く漬かる)。白甘みそ(西京味噌等)は長めにじっくり漬ける。

ジッパー付き袋も便利です!

食べるときはみそを拭き取るか、さっと洗って水分を拭き取ります。みそ漬けは焦げやすいので、肉や魚は弱火でじっくり焼きます。使い終わったみそ床は、みそ汁で頂きましょう(ひと煮立ちさせる)!

使い切れず残ってしまった野菜は、まとめてみそ漬けにすると便利! 無駄がなく立派なおかずの一品に。

「みそ漬け」のルーツは、「保存」のために活用されてきた生活の術ですが、おいしさの秘密は「みその酵素」です。たんぱく質の分解を促進して肉や魚を柔らかくし、旨味をぐ~んとアップ。また、肉や魚の臭みを消し、みその塩分が身を引き締めて味を凝縮してくれます。なお、加熱殺菌したみそは酵素が失活しているので、よりおいしいみそ漬けを望むなら、「生みそ」がおすすめです。

ABOUTこの記事をかいた人

藤本智子

【MISODO(藤本智子)】株式会社ミソド代表取締役、一般社団法人みそまる普及委員会理事、月刊「ジャパン味噌プレス」編集長、みそソムリエ。アパレル販売員、読者モデル等を経て、2011年「ミソガール」として味噌の普及活動を開始。みそまる考案。ミラノ万博や伊勢志摩サミット等イベントやメディア出演を通し、味噌の魅力を伝えている(2019年MISODOに改名)。著書に『みそまる』(宝島社)、『みそまる 作りおきみそ汁83のレシピ&アイデア』(二見書房)、『手軽に作れて、キレイに効く! みそまる』(主婦と生活社)等。 ※WEB版に掲載している記事は、取材当時の情報です。現在と内容が変わっている可能性がございます。