【プロ直伝】豚ロースのソテー アプリコットMISO ソース

豚ロースのソテー アプリコットMISOソース

ジャムを使用することで、手軽に本格的なソースが楽しめる逸品。和洋折衷のおもてなし料理で、ホームパーティーにもおすすめ。オレンジの皮の代わりに、デコポン、みかんの皮でもOK です。

 

【材料(2人分)】
豚ロース 4 枚
塩 (下味用)
植物油 大さじ1
チキンストック 70m

A
アプリコットジャム 大さじ4
赤みそ 大さじ1
白ワインビネガー 大さじ1.5
オレンジの皮 小さじ1
にんにく 1 片

 

【つくり方( 調理時間20分)】
1 Aを小さなボウルに入れて混ぜておく。
2 豚ロースに下味用に塩を両面にふり、10分ほど置いて水分をふき取る。
3 フライパンを中火に熱し植物油をひき、豚肉を両面焼いたら皿に取り出す。
4 同じフライパンに鶏ガラスープを注ぎ半分量になるまで煮詰めます。
5 そこへ、1を加えてとろみがつくまで煮詰める。
6 お皿に3を盛り付け、5をかけて完成です。

 

中村まりこ

中村まりこ●なかむらまりこ
SHOKUart 代表。料理家。食アートコーディネーター。料理教室鎌倉legame cooking saon 主宰、フードスタイリング、レシピ開発、撮影、外国の食文化・食、食材に関するコラム等の執筆など多方面で活躍中。

ABOUTこの記事をかいた人

藤本智子

【MISODO(藤本智子)】株式会社ミソド代表取締役、一般社団法人みそまる普及委員会理事、月刊「ジャパン味噌プレス」編集長、みそソムリエ。アパレル販売員、読者モデル等を経て、2011年「ミソガール」として味噌の普及活動を開始。みそまる考案。ミラノ万博や伊勢志摩サミット等イベントやメディア出演を通し、味噌の魅力を伝えている(2019年MISODOに改名)。著書に『みそまる』(宝島社)、『みそまる 作りおきみそ汁83のレシピ&アイデア』(二見書房)、『手軽に作れて、キレイに効く! みそまる』(主婦と生活社)等。 ※WEB版に掲載している記事は、取材当時の情報です。現在と内容が変わっている可能性がございます。