【プロ直伝】みそとクリームチーズのカナッペ

味噌クリームカナッペ

カンタン、時短のおもてなし料理。さまざまなお酒との相性も抜群なのでホームパーティーにも最適。オレンジの甘さのあとにくるみそのしょっぱさが、なんともクセになるおいしさ。お好みで、好きな具材をトッピングしてもいいですね。

【材料】(4 人分)
蓮根 65g
ズッキーニ 1 本
クリームチーズ 30g
白みそ 小さじ3
オレンジ 1 個
オリーブオイル 大さじ1
酢 少々

【つくり方(調理時間20 分)】
1.蓮根を3mm スライスし、水と酢を入れたボウルにさらす。
2.クリームチーズと白みそは常温に戻し、よく混ぜ合わせたら、クッキングシートにあけ、平らにして冷蔵庫で冷やす。
3.ズッキーニは厚さ1cm の輪切りにし、フライパンにオリーブオイルをひいて、中火で熱する。
4.1 の蓮根を洗い、キッチンペーパーで水気を拭き取り、フライパンに入れ、ズッキーニと一緒に両面焼き色がつくまでよく焼く。
5.蓮根とズッキーニの粗熱が取れたら、2 のみそチーズを大きさに合わせて切ってのせていく。オレンジをクリームの上にのせ、お皿に並べて完成!

小倉さま

●小倉風子(おぐらふうこ)
江戸飲食史研究家。日本の食文化、伝統を新しい世代に伝え、野菜ソムリエの資格や知識を生かし和食の枠に限らず、江戸時代の食文化・歴史を現在に通用する知恵をレシピに織り込み、食の面白さを広げる活動を行う。

fuuryuuteishu のブログ
http://ameblo.jp/fuuryuuteishu

ABOUTこの記事をかいた人

藤本智子

【MISODO(藤本智子)】株式会社ミソド代表取締役、一般社団法人みそまる普及委員会理事、月刊「ジャパン味噌プレス」編集長、みそソムリエ。アパレル販売員、読者モデル等を経て、2011年「ミソガール」として味噌の普及活動を開始。みそまる考案。ミラノ万博や伊勢志摩サミット等イベントやメディア出演を通し、味噌の魅力を伝えている(2019年MISODOに改名)。著書に『みそまる』(宝島社)、『みそまる 作りおきみそ汁83のレシピ&アイデア』(二見書房)、『手軽に作れて、キレイに効く! みそまる』(主婦と生活社)等。 ※WEB版に掲載している記事は、取材当時の情報です。現在と内容が変わっている可能性がございます。