【プロ直伝】エスニック味噌カレー

味噌タイカレー

コクのあるみそとココナッツミルクは、カレースパイスと相性抜群!エスニック料理ですが、みそのおかげで親しみのあるやさしい味わいに。マイルドな辛さがやみつきになる、夏のイチオシレシピです。

【材料】(2 ~ 3 人前)
鶏もも肉 1枚(300g)
なす 2 本
赤ピーマン 2 個
カレーパウダー 大さじ1 と1/2
ココナッツミルク 250ml
水 150ml
みそ 大さじ1 と1/2
ナンプラー 大さじ1/2
バジルの葉 4 ~ 5 枚分
塩・胡椒 少々
サラダ油 大さじ2
ごはん 適量

【つくり方(調理時間 20 分)】
1. 鶏もも肉を一口大に切り、塩・胡椒を振りかける。ナス、ヘタとタネを取った赤ピーマンを乱切りにする。
2. フライパンにサラダ油を加えて強火で熱しナスと赤ピーマンをさっと炒めて取り出す。
3. 鶏肉を加えて皮目から焼き、表面に焼き色がつくまで焼く。
4. 一旦火を止めてカレー粉を加え、全体に絡めながら余熱で炒める。香りが立ったらココナッツミルクと水を加え、再度強火にかけて沸騰後8 分煮込む。
5. 火を止めてみそとナンプラーを加えて溶き混ぜ、ごはんを添えた器に盛ったらバジルの葉を手でちぎって散らす。

茂庭翠さん

茂庭翠●もにわみどり
料理研究家・フードコーディネーター。在学中に調理学を学ぶ。卒業後、飲食店の立ち上げから運営・調理を担当。老舗料理教室にて西洋料理専属助手を経て独立。テレビ・料理動画・広告・雑誌などの分野で幅広く活動中。
http://www.moniwamidori.com/
https://www.instagram.com/moniwa_midori/

ABOUTこの記事をかいた人

藤本智子

【MISODO(藤本智子)】株式会社ミソド代表取締役、一般社団法人みそまる普及委員会理事、月刊「ジャパン味噌プレス」編集長、みそソムリエ。アパレル販売員、読者モデル等を経て、2011年「ミソガール」として味噌の普及活動を開始。みそまる考案。ミラノ万博や伊勢志摩サミット等イベントやメディア出演を通し、味噌の魅力を伝えている(2019年MISODOに改名)。著書に『みそまる』(宝島社)、『みそまる 作りおきみそ汁83のレシピ&アイデア』(二見書房)、『手軽に作れて、キレイに効く! みそまる』(主婦と生活社)等。 ※WEB版に掲載している記事は、取材当時の情報です。現在と内容が変わっている可能性がございます。