【プロ直伝】鶏むね肉のいちじく味噌巻き

とり胸肉の味噌巻き

どんな味噌でもおいしいのですが、赤みそのほうが風味よく仕上がります。ドライフルーツはお好みで変えてもOK(いちじく、プルーン、あんず、ほし柿など)。ゆでるときは、水分が中に入らないよう、しっかりとラップをするのがポイント。

 

【材料(2人分)】
鶏むね肉 1 枚
味噌 40g
ドライいちじく 2 個(約40g)
湯 適量
はちみつ 大さじ1/2
にんにく 1/2 かけ
塩 適量
黒胡椒 適量
クリームチーズ 適量
クレソンやルッコラ 適量

 

【つくり方( 調理時間30 分)】
1. 鶏むね肉は皮を取り除き、厚みのある部分に包丁を入れ、観音開きにして叩いてのばす。塩・黒胡椒を両面に振り30 分程置き水気を拭き取る。ドライいちじくは、湯に浸けて30 分ほど置き、粗く刻む(湯は捨てない)。にんにくはすりおろす(調理時間外)。
2. 刻んだいちじく、浸けていた湯を大さじ1、おろしにんにく、はちみつ、味噌を、小鍋に入れて火にかけ、「いちじく味噌」をつくる。弱火で煮つめ、照りが出てきたら火を止め冷ます。
3.鶏むね肉の手前に2を置き、味噌が芯になるよう、手前からきつく巻いていく。鍋に湯を沸かし、鶏むね肉を入れたら蓋をして弱火で10 分間ゆでる。火を止め、湯に入れたまま冷めるまで待つ。
4. 鶏むね肉はラップをはずし、端から1cm くらいの厚さに切って器に並べる。クレソンやルッコラなどお好みの葉野菜とクリームチーズを添える。

佐々木ふみえさん

佐々木ふみえ●ささきふみえ
料理家。食物調理科の高校、醸造科の大学を卒業後、食品関係の仕事を経て、谷匡子主宰のお花の事務所doux.ce にて、給食係を担当。その後、料理家として独立。
http://sasakifumie.com/

ABOUTこの記事をかいた人

藤本智子

藤本智子(ふじもとともこ) 1985 年生まれ、横浜市在住。アパレル販売員、読者モデル、ファッション雑貨店マネージャーを経て、2011 年ミソガールとして「365 日味噌活宣言」をし、みその普及啓蒙活動を開始。2012年「みそソムリエ」取得。2014 年「ジャパン味噌プレス」創刊。2015年「ミラノ国際博覧会日本館サポーター」「朱鷺米応援大使2015」(佐渡市)に就任。著書に『みそまる』(宝島社)、『みそまる 作りおきみそ汁83のレシピ&アイデア』(二見書房)、『手軽に作れて、キレイに効く! みそまる』(主婦と生活社)等がある。2016 年より「中央情報専門学校」非常勤講師。2016年10月株式会社ミソド設立、代表取締役。一般社団法人みそまる普及委員会 理事。