YGMレシピ「れんこんと豚肉の赤みそ汁」

株式会社ミソドでは、「家庭内における夕食調理の意識」の実態を調査すべく、全国の20歳~39歳のワーママ1,000人を対象にしたインターネットリサーチを実施。調査結果では、「夕食づくりは自分の重要な役割」という認識から、7割以上が「夕食の手は抜きたくない」と回答したものの、理想とする食事が出せずに悩んだり、ストレスを感じていたり、本音では面倒さを感じている実態が浮き彫りとなりました。

「そこで、おすすめするのが『YGM(夕食はご飯とみそ汁)宣言』です。私自身、みそをとり入れた食生活で体質が改善した経験から「ミソガール」として2011年よりみその普及活動をしてまいりましたが、みそ汁は調理の負担も少ない上、栄養価の高い食事を提供できる、最適なソリューションだと実感しております。このたび、人気料理研究家・ワタナベ マキさんの賛同を得、10分程度でできる『YGMレシピ』をご考案いただきました。家族の健康を維持し、調理の負担も軽減する『YGM宣言』、ご一緒にいかがでしょう?

『YGM宣言』についての詳細はコチラ

人気料理研究家・ワタナベ マキさん考案
れんこんと豚肉の赤みそ汁

【材料(2人分)】
水 500ml
和風だしの素 2g
しょうゆ 小さじ1
豚バラ薄切り肉 120g
豆味噌 大さじ2
蓮根 120g
卵 2個
玉ねぎ 1/3個
白いりごま 小さじ1
小松菜 2束

【作り方】
[1] 蓮根は、たわしでよく洗い、皮つきのまま乱切りにする。豚肉は3cm幅に切る。 玉ねぎは繊維に沿って薄切りにする。
[2] 鍋を中火にかけ、ごま油をいれ、[1]をいれて玉ねぎが透き通るまで炒める。
[3] 水と和風だしの素を加えてひと煮立ちさせ、アクをとり、弱火にし、味噌を加えフタをして弱火で約8分煮る。
[4] 1cm幅に切った小松菜、しょうゆを加え、卵を落し入れ、白身が固まるまで煮て、白いりごまをふる。

 

ABOUTこの記事をかいた人

藤本智子

【MISODO(藤本智子)】株式会社ミソド代表取締役、一般社団法人みそまる普及委員会理事、月刊「ジャパン味噌プレス」編集長、みそソムリエ。アパレル販売員、読者モデル等を経て、2011年「ミソガール」として味噌の普及活動を開始。みそまる考案。ミラノ万博や伊勢志摩サミット等イベントやメディア出演を通し、味噌の魅力を伝えている(2019年MISODOに改名)。著書に『みそまる』(宝島社)、『みそまる 作りおきみそ汁83のレシピ&アイデア』(二見書房)、『手軽に作れて、キレイに効く! みそまる』(主婦と生活社)等。 ※WEB版に掲載している記事は、取材当時の情報です。現在と内容が変わっている可能性がございます。