【プロ直伝】みそクラッカー

くるくる混ぜるだけで生地が完成。あとは食べやすい大きさにカットして焼くだけのお手軽クラッカーです。味噌の塩味でクセになる風味に。

【材料】(20個分)
薄力粉 70g
全粒粉 30g
てんさい糖(パウダータイプ) 10g
なたね油 大さじ2
みそ 小さじ2
水 大さじ1と1/2

【つくり方】(調理時間45分)
1 ボウルに粉類とてんさい糖を入れ、ゴムベラで混ぜ合わせたら、なたね油を入れて手でまとめる。あらかじめ水で溶いておいたみそを入れてさらに混ぜる。
2 ラップの上に①を広げて厚さ5mm の正方形に綿棒で広げる。2.5㎝角にスケッパーなどで網目状に印をつけて、170℃の余熱を入れたオーブンで30~35 分焼く。オーブンから取り出して、粗熱が取れたら切り目に沿って割る。

山口真理●やまぐちまり
スイーツプランナー。福岡と東京を拠点にスイーツ専門フードコーディネーターとして、飲食店のメニュー開発や商品開発、農業支援としての6次化産業開発のアドバイスやプロデュースを手掛ける。「お菓子教室Bonappe’tit!!」を主宰。

ABOUTこの記事をかいた人

藤本智子

【MISODO(藤本智子)】株式会社ミソド代表取締役、一般社団法人みそまる普及委員会理事、月刊「ジャパン味噌プレス」編集長、みそソムリエ。アパレル販売員、読者モデル等を経て、2011年「ミソガール」として味噌の普及活動を開始。みそまる考案。ミラノ万博や伊勢志摩サミット等イベントやメディア出演を通し、味噌の魅力を伝えている(2019年MISODOに改名)。著書に『みそまる』(宝島社)、『みそまる 作りおきみそ汁83のレシピ&アイデア』(二見書房)、『手軽に作れて、キレイに効く! みそまる』(主婦と生活社)等。 ※WEB版に掲載している記事は、取材当時の情報です。現在と内容が変わっている可能性がございます。