歴代の天皇にも愛された松屋常盤の「味噌松風」

味噌松風1

\ちまたで話題のみそ情報をピックアップ/
歴代の天皇にも愛された松屋常盤の「味噌松風」

 

西京味噌と小麦粉に砂糖を加えて練り、

表面に黒胡麻を散らして焼き上げた「味噌松風」。

表面はこんがりきつね色で厚さ約4cm。

しっかりした食感の昔懐かしい和風カステラ。

大徳寺和尚が考案し伝授した銘菓として知られる。

明治天皇や昭和天皇も好んで召し上がっていたという一品。

800円(税込)

松屋常盤(京都市中京区堺町通丸太町下ル)075-231-2884

 

味噌松風2

 

Miso Matsukaze, a castella flavored with Saikyo Miso, has been loved by Emperors.
It’s baked to an appetizing golden brown and has a firm texture.

 

ABOUTこの記事をかいた人

藤本智子

【MISODO(藤本智子)】株式会社ミソド代表取締役、一般社団法人みそまる普及委員会理事、月刊「ジャパン味噌プレス」編集長、みそソムリエ。アパレル販売員、読者モデル等を経て、2011年「ミソガール」として味噌の普及活動を開始。みそまる考案。ミラノ万博や伊勢志摩サミット等イベントやメディア出演を通し、味噌の魅力を伝えている(2019年MISODOに改名)。著書に『みそまる』(宝島社)、『みそまる 作りおきみそ汁83のレシピ&アイデア』(二見書房)、『手軽に作れて、キレイに効く! みそまる』(主婦と生活社)等。 ※WEB版に掲載している記事は、取材当時の情報です。現在と内容が変わっている可能性がございます。