「東久邇宮記念会」 幹事・推薦人 宇都 護さん「味噌汁と共に」

宇都護さん

和食の原点は味噌である。
私たち日本人は、朝は味噌汁で元気を注入。
夕ごはんは鍋で心を癒す。
昔昔も味噌で始まり、
今も未来も日本の味噌が世界のオンリーワンになる。

 

味噌を讃える誉め言葉(アイウエオ)
ア→愛がある
イ→色がある
ウ→詩情(うた)がある
エ→笑みがある
オ→お袋そのものである

 

おばあちゃんがいるから里帰り、
古里はおばあちゃんと共にある、酒がある、
話が弾む、皆が揃う笑みがある。
おばあちゃんの死と共に、古里が消えた。

 

昭和天皇の女婿である東久邇宮盛厚殿下の哲学は「発明に上下の貴賤はない。
小発明ほど尊い。
ノーベル賞を百とるよりも、国民一人一人の小発明が大切だ。
うまいミソ汁を考えた人には文化勲章を与えよ」と云われた。

 

殿下が病に倒れられた時「わが家の名と財産を使って良いから、
文化の発展に尽くした方に、皇族賞を出して顕彰して欲しい」と遺言を残された。

 

東久邇宮記念会の顕彰は、高松宮記念賞及び秩父宮記念賞と共に、
皇族の三大宮様賞と称されいわれ親しまれている。

 

偶然であるが「ミソガール」の藤本智子さんを、
大手新聞社のコラムで知って推薦。
満場一致で東久邇宮記念賞・東久邇宮文化褒賞をW授賞される快挙となった。

 

今日も日本全国はもとより、
味噌太鼓を胸に掲げ世界中を飛び回って活躍されている。
願わくば(ミソガール)に相応しい(味噌メン)のカップルを期待したいものである。

 

(「東久邇宮記念会」 幹事・推薦人 宇都 護さん)

ABOUTこの記事をかいた人

藤本智子

【MISODO(藤本智子)】株式会社ミソド代表取締役、一般社団法人みそまる普及委員会理事、月刊「ジャパン味噌プレス」編集長、みそソムリエ。アパレル販売員、読者モデル等を経て、2011年「ミソガール」として味噌の普及活動を開始。みそまる考案。ミラノ万博や伊勢志摩サミット等イベントやメディア出演を通し、味噌の魅力を伝えている(2019年MISODOに改名)。著書に『みそまる』(宝島社)、『みそまる 作りおきみそ汁83のレシピ&アイデア』(二見書房)、『手軽に作れて、キレイに効く! みそまる』(主婦と生活社)等。 ※WEB版に掲載している記事は、取材当時の情報です。現在と内容が変わっている可能性がございます。