生産技術情報センター代表・梶 文彦 さん「どっちが先?手前みそか手前そばか」

梶文彦さん

みそなしでは私の人生は始まりません。
朝起きて朝食に欠かせないみそ汁。
これは、つくり立ての新鮮さが一番。
豆腐、わかめ、大根…ねぎをちょっと刻んで。

名古屋に行けば八丁味噌、みそ煮込みうどんと、牛すじ煮込み。
そういえば、私の京都でのお気に入りは、駅前の煮込み屋さん。
何十年と続けたみそ出汁の濃厚な鍋で煮込んだオックステールは絶品で、
色もこれはビーフシチューかとまがうほど。
新幹線に乗る前は1時間早めに行ってここで一息、
これが京都行の楽しみでもあります。
打ち合わせを早めに済ませ、「まだ時間早くない?」と言われても、「
あ、はい、ちょっと…ごにょごにょ」で早めに失礼させていただきます。

そば打ちを趣味とする私に欠かせないのが、そば前(酒)。
お供につくるのは、きまって焼きみそ。
クルミと鰹節にねぎを刻み、少々の日本酒を入れて
みそで合わせてしゃもじにのせて焼く。
これは京都の白みそです。
手前みそといいますが、そばもどんな店よりも、
自分で打ったほうがうまい!とそば打ち仲間はみんな言います。

手前みそと手前そばとどちらがいいか。
なんてヤボは聞かないこと。
私にとっては、どちらもきれいなおねえさんと同様、大好きなので。

(生産技術情報センター代表 梶 文彦 さん)

 

ABOUTこの記事をかいた人

藤本智子

【MISODO(藤本智子)】株式会社ミソド代表取締役、一般社団法人みそまる普及委員会理事、月刊「ジャパン味噌プレス」編集長、みそソムリエ。アパレル販売員、読者モデル等を経て、2011年「ミソガール」として味噌の普及活動を開始。みそまる考案。ミラノ万博や伊勢志摩サミット等イベントやメディア出演を通し、味噌の魅力を伝えている(2019年MISODOに改名)。著書に『みそまる』(宝島社)、『みそまる 作りおきみそ汁83のレシピ&アイデア』(二見書房)、『手軽に作れて、キレイに効く! みそまる』(主婦と生活社)等。 ※WEB版に掲載している記事は、取材当時の情報です。現在と内容が変わっている可能性がございます。