食べるべき食材が一目瞭然 『今あるがんを消すスープと味噌汁』

『今あるがんを消すスープと味噌汁』

\ちまたで話題のみそ情報をピックアップ/
食べるべき食材が一目瞭然
『今あるがんを消すスープと味噌汁』

 

消化器外科医として4000例以上の手術をしてきた、

西台クリニック(東京都板橋区)の済陽高穂院長。

がん増加の要因は、毎日の食生活だと指摘。

がん体質から脱皮するために、吸収力に優れたスープやみそ汁、

発酵食品を上手に取り入れる食事療法をわかりやすく解説。

1296 円(税込)

英和出版社(東京都台東区東上野3-15-12 野本ビル6F)03-3833-8777

 

Ima Aru Gan wo Kesu Soup to Misoshiru by Dr.
Takaho Watayo explains diets that include soups
and foods that help beat cancer.

 

ABOUTこの記事をかいた人

藤本智子

藤本智子(ふじもとともこ) 1985 年生まれ、横浜市在住。アパレル販売員、読者モデル、ファッション雑貨店マネージャーを経て、2011 年ミソガールとして「365 日味噌活宣言」をし、みその普及啓蒙活動を開始。2012年「みそソムリエ」取得。2014 年「ジャパン味噌プレス」創刊。2015年「ミラノ国際博覧会日本館サポーター」「朱鷺米応援大使2015」(佐渡市)に就任。著書に『みそまる』(宝島社)、『みそまる 作りおきみそ汁83のレシピ&アイデア』(二見書房)、『手軽に作れて、キレイに効く! みそまる』(主婦と生活社)等がある。2016 年より「中央情報専門学校」非常勤講師。2016年10月株式会社ミソド設立、代表取締役。一般社団法人みそまる普及委員会 理事。